常陽銀行カードローンの金利と毎月の返済額について解説

    Zougaku

    常陽銀行のカードローンである「キャッシュピット」は、茨城県や東京都、埼玉県などの広いエリアで多くの人に利用されている商品です。

    項目 詳細
    商品名 常陽銀行カードローン キャッシュピット
    金利 2.5%~14.8%
    利用限度額 300万円以内

    カードローンを利用する上で、金利の仕組みについて理解することは非常に重要なことです。
    この記事では、常陽銀行カードローンの金利と効率的な利用方法を解説します。

    常陽銀行カードローンの金利は2.5%~14.8%

    常陽銀行カードローンは借入れできる限度額によって、借入れ時の金利が変化します。そして、カードローンの金利の高さは金融機関によって違いがあります。

    借入れ限度額によって適用される金利が変わる

    常陽銀行カードローンの金利は2.5%~14.8%となっており、金利は利用者の借入れ限度額にによって異なります。 

    借入れ限度額ごとの金利は、下表の通りです。

    借入れ限度額 金利
    1万円以上100万円以下 年14.8%
    100万円超200万円以下 年12.0%
    200万円超300万円未満 年9.8%
    300万円 年2.5%

    このように、借入れ限度額が増えると金利が下がる仕組みになっており、利息の負担も軽くなります。

    常陽銀行カードローンは変動金利制をとっている 

    変動金利とは、一定期間が経過するたびに経済情勢に応じて金利が変動させることです。常陽銀行でも一定期間ごとに金利の見直しを行っています。

    見直しの結果、金利が上がり利息の負担が大きくなることもあれば、逆に金利の負担が軽くなる可能性もあります。

    一般的には金利が1カ月で3%も上昇するといった、急激な変化が起こることはあまりありません。ただし、利用するときには時々金利がどうなっているか確認するようにしましょう。

    初めから低金利で借りられる可能性は低い

    最低の金利が2.5%と聞くと、「低金利で借りることができる」と思ってしまうかもしれません。しかしこれは、限度額が高い場合に設定される金利です。

    契約当初は銀行としては利用者との間に信用がない状態なので、最初は低めの限度額に設定される場合が多いです。

    実際に限度額や金利がいくらになるかは申し込んでみないとわかりませんが、低い限度額で上限の14.8%に近い金利が設定されると考えておいたほうが良いでしょう。

    常陽銀行カードローンの金利を他の銀行系カードローンと比較

    下表は、主な銀行が提供しているカードローンの金利です。

    金融機関名 金利
    常陽銀行 2.5%~14.8%
    三菱UFJ銀行 1.8%~14.6%
    三井住友銀行 4.0%~14.5%
    みずほ銀行 2.0%~14.0%
    筑波銀行 4.8%~14.6%
    千葉銀行 1.7%~14.8%
    足利銀行 5.8%~14.8%

    常陽銀行カードローンの金利は、他行と比べても平均的であるといえます。常陽銀行に馴染みのある人であれば安心して利用することができそうです。

    常陽銀行カードローンの利息と毎月の返済額

    お金を借りた後は必ず返済をしなければなりません。そのため、毎月の返済額や利息がいくらになるのかを把握することが大切です。ここで毎月の返済額や利息の計算方法を確認し、計画的な利用を心がけるようにしましょう。

    そもそも金利と利息の違いは?

    よく金利と同じような意味として利息という言葉が使われます。しかし、金利と利息は厳密には異なる意味を持っています。金利と利息の意味は下表の通りです。

    言葉 意味
    金利 お金を借りる側が、借りたお金に追加して支払う金額の割合
    利息 お金を貸した側が、貸したお金に追加して受けとる金額

    金利は「%」で表示されるのに対して、利息は「円」で表されます。借入れ残高に金利を掛けて算出された金額が利息ということになります。

    金利は年間で計算される

    カードローンのみならず、他のローンの商品で表示されている金利は、1年間でかかる金利を表しています。

    例として、10万円を借入れし、ちょうど1年後に一括で返済をするとします。金利が年間で10%に設定されている場合、支払う利息は、10万円×10%=1万円という計算になります。

    金利が1年間を基準に計算されることを理解していれば、いくらぐらい利息がかかるのかを把握しやすくなります。

    カードローンでの利息の計算方法

    発生する利息は、借入れ日数で決まる仕組みになっています。そのため、現時点で自分が何%の金利で借りているかで計算することができます。

    利息の計算方法は以下の通りです。

    利息=借入れ残高×金利÷365日×借入れ日数

    利息の計算例

    カードローンで10万円を借入れしており、金利が14.8%とし、30日間利用していた場合、

    100,000円×14.8%÷365日×30日≒1,216円

    となり、利息は1,216円です。借入れ残高が増えると利息が増え、逆に借入れ残高が少なくなればその分利息も減っていきます。そのため、必要以上に借りないことが大切です。

    常陽銀行カードローンでは毎月の最低返済額が決まっている

    常陽銀行カードローンは、毎月返済日時点の借入れ残高によって、最低返済額が決まります。借入れ残高ごとの最低の返済額は下表の通りです。

    借入れ残高 利用限度額100 万円以上300万円以下 利用限度額100万円未満
    10万円以下 2,000円 3,000円
    10万円超20万円以下 4,000円 6,000円
    20万円超30万円以下 6,000円 9,000円
    30万円超 借入れ残高が10万円増す毎に2,000円追加 借入れ残高が10万円増す毎に3,000円追加

    このように最低返済額が決まっているため、返済計画が立てやすいです。

    しかし、最低返済額の中には利息が含まれています
    そのため、最低返済額で返済を続けていても、借入れ金額そのものが減るのに時間がかかり、結果的に支払う利息額が大きくなるデメリットがあります。

    また、借入れ残高が増えると最低返済額が上がってしまうことにも必要です。

    毎月の返済額を計算する

    返済額は借入れた金額、金利、借入れ期間によって決まります。
    カードローンを利用する際には、これらの3つを明確に設定し、返済に困らないような利用を心掛けることが重要です。

    カードローンを利用する前に、下のシミュレーションで返済計画を立てましょう。

    返済金額を計算

    毎月の返済金額を計算します

    借り入れする
    金額
    千円
    金利 %
    完済までの期間 ヶ月

    {{ error }}

    返済期間を計算

    完済までの期間を計算します

    借り入れする
    金額
    千円
    金利 %
    毎月の返済額 千円

    {{ error }}

    常陽銀行カードローンでの金利負担を軽くするためには

    多く借入れていたり、借入れの期間が長引くと利息の負担は重くなってしまいます。金利を低く抑え、できるだけ支払う利息を減らしたいものです。より利息を減らす利用方法をご紹介します。

    できるだけ短期間で返済を終える

    お金に余裕ができたときに多めに返済することで、支払う利息を減らすという方法があります。利息は借入れ残高や金利だけでなく、借入れしていた期間が長いほど多く利息を支払う必要があります。

    常陽銀行カードローンでは、毎月の最底返済額で返済するだけでなく、余裕資金で多めに返済することが可能です。
    これを利用してできるだけ短期間で返済を終えることができれば、利息を少なくすることができます。

    ただし、利息を減らすために無理に返済することはおすすめできません。無理に多く返済したことで、生活に支障をきたしてしまっては元も子もないからです。
    返済に回しても問題がないと考えられる金額で返済するようにしましょう。

    利用限度額を増額して金利を下げる

    常陽銀行カードローンは利用限度額が大きいほど、金利が下がる仕組みです。そのため、利用限度額の増額を申し込み、増額されれば金利を下げられる可能性があります。

    ただし、増額をするにも新規契約と同様に申し込み、新たな限度額で契約する手続きを行います。
    加えて、常陽銀行カードローンをきちんと返済しているといった、良好な利用実績が必要です。

    また、一般的に銀行系カードローンは、初回の契約から6カ月以上の利用実績が必要とされることが多いです。そのため、初回の契約からすぐの増額は難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

    常陽銀行カードローンの申し込み方法

    常陽銀行カードローンを申し込むには様々な方法があります。
    また、口座を開設する必要がなく、申し込みからカードローンの利用まで店舗に来店せずに手続きをすることが可能です。

    インターネット、電話、FAXで申し込み可能

    常陽銀行カードローンは、インターネット、電話、FAXで申し込みができます。
    特にインターネットであれば、自分の都合のいいタイミングで申し込みができるため非常に便利です。

    また、電話では申し込みだけでなく、質問や返済の相談などもできるので困ったことがあれば利用してみることをおすすめします。

    常陽銀行カードローン 公式HP
    0120-56-8160

    口座開設・来店不要で利用できる

    常陽銀行カードローンは申し込みから利用まで、店舗に来店することなく手続きができ、利用することができます。
    常陽銀行の口座を持っていない、営業時間に店舗に出向く時間が取れないという人も心配せずに申し込みすることが可能です。

    常陽銀行カードローンの申し込みから借入れできるまでの流れ

    常陽銀行カードローンを申し込んでから、実際に借入れが可能になるまでの流れは下表の通りです。

    1. インターネット、電話、FAXから申し込み
    2. 審査
    3. 審査結果の連絡
    4. ローンカード到着後、利用可能

    カードローンでは申し込みの後に審査という手続きがあります。

    審査では、申し込み内容を審査基準に照らし合わせて、申込者がカードローンを利用可能かどうか、利用限度額や金利をいくらにするのかを決定します。

    申し込みの際に必要となる書類

    常陽銀行カードローンを利用するためには、申し込み書以外の書類を提出する必要があります。

    提出が必要となる資料は下表の通りです。

    提出書類
    本人確認資料 運転免許証、健康保険証、住民基本台帳など
    収入証明書 源泉徴収票など

    これらの書類は申し込みの時点で必要になるので、常陽銀行カードローンの利用を検討している人はあらかじめ用意しておきましょう。

    また、有効期限が切れている書類は利用できません。
    期限が切れていないかどうか、前もって確認しておいてください。
    他にも収入証明書は、一般的に前年のものを求められるため注意が必要です。

    申し込みから利用できるまでには最短4~5営業日かかる

    申し込みからローンカードが届いて利用ができるまでには、最短で4~5営業日要します。

    審査に2~3営業日、審査結果連絡後にローンカードが到着するまでに1~2営業日かかります。

    また、審査自体は銀行が営業していない土日祝日には進まないため、申し込みのタイミングによっては日数を要するため注意が必要です。

    まとめ

    常陽銀行カードローンは、金利も他の銀行系カードローンと比較しても平均的であり常陽銀行に馴染みのある人には利用しやすい商品であると言えます。

    カードローンを利用する上で、金利の仕組みを理解することは不可欠です。月々の利息や返済額をきちんと把握し、計画的な利用を心掛けましょう。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。