筑波銀行カードローン申し込み方法と審査に通過するポイント

    Card6

    筑波銀行カードローンとは

    筑波銀行は茨城県土浦市に本店を構える銀行です。22年に関東つくば銀行と茨城銀行が合併して誕生しました。

    その筑波銀行が提供しているカードローンが<つくば>カードローンです。以前は「いまほし」「ポケットカードローン」「ボンドカードローン」といった商品ラインナップがありましたが、2018年12月の電話取材の時点では、1つの商品「<つくば>カードローン」に統一されています。

    カードローンでお金を借りることができるのは、審査に通過できた人だけです。実際に申し込みをする前に、借り方と返し方、審査やサービス内容について把握しておきましょう。

    商品名 つくばカードローン
    金利 4.8%~14.6%
    限度額 10~500万円
    融資期間 1年間(自動更新)
    使いみち 自由
    返済方式 残高スライドリボルビング方式
    担保・保証人 不要

    他の銀行カードローンと比べても標準的

    銀行カードローンを利用する際に気になるのは、金利や限度額が他のサービスと比較してどうなのかという点でしょう。

    ずっと使っている馴染みのある銀行であっても、利便性や返済負担のこと等を考えると、やはり少しでもサービスの優れているカードローンを使いたいと考えるのが自然です。

    筑波銀行カードローン

    金利:4.8%~14.6%
    限度額:500万円
    口座開設:必要
    最低返済額:2,000円~

    みずほ銀行カードローン

    金利:2.0~14.0%
    限度額:800万円
    口座開設:必要
    最低返済額:10,000円~

    三井住友銀行カードローン

    金利:4.0~14.5%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:2,000円~

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    金利:1.8~14.6%
    限度額:500万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    楽天銀行スーパーローン

    金利:1.9~14.5%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:2,000円~

    アコム

    金利:3.0~18.0%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    プロミス

    金利:4.5~17.8%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    上記の通り、金利や限度額の面では大手のネット銀行や都市銀行と比べても遜色ありません。口座を作らなければいけないのが若干ネックではあるものの、すでに筑波銀行の口座を持っている人にとっては、非常に優れたサービスといえるでしょう。

    筑波銀行カードローンの申し込み

    カードローンの申し込みは、今はネットでおこなっている金融機関がほとんどです。筑波銀行の公式ページにも、電話申し込みや店頭窓口での申し込みといった表記はなく、WEB申し込みに限定されていました。

    メールアドレスを送信

    他の銀行にはあまり見られない方法ですが、まず最初にメールアドレスを入力して「仮審査申込ページのご案内」のメールを受信します。

    24時間以内に、そのメールに記載されているURLから申し込みフォームへ行く形となっています。

    必要事項を入力

    カードローンの申し込みにあたっては、申し込み者の個人情報や勤務先の情報などを細かく伝える必要があります。

    【申し込み時入力事項】
    お申込みについて:職業・借り入れ希望額
    お客様について:名前・住所・家族・住まいの情報など
    お勤め先について:年収・収入形態・保険証種類
    アンケート:申し込み経緯・リトライサービス
    各種確認事項:個人情報の取扱など

    筑波銀行カードローンの審査について

    銀行カードローンでお金を借りるには、必ず審査に通過しなければなりません。審査に通過することで、はじめて金融機関からお金を借りることができるようになります。

    審査では、申し込み者が利用条件を満たしていて、かつ返済能力があるかどうかをチェックされます。

    【前提】申し込み条件を満たしているかどうか

    ご利用いただける方
    (1)当行営業区域内に居住もしくは勤務(従事)している方
    (2)申込時年齢満20歳以上満70歳以下で、電話連絡が可能な方
    (3)安定継続した収入がある方(パート・アルバイト・学生(アルバイト)の方もご利用いただけます)
    ※専業主婦の方の場合、配偶者に安定継続した収入がある方が対象となります
    (4)当行指定の保証会社の保証が受けられる方
    ※お申込金額(年収の3分の1を超えるお借入れとなる場合等)やお取引状況によっては受付出来ない場合がございますので、あらかじめご了承ください

    【参考】「筑波銀行公式サイト」

    筑波銀行カードローンの利用可能条件は上記のようになっています。

    まず前提として、年齢の条件を満たしている必要があります。そして地域ですが、茨城県のほぼ全域と、隣県(栃木県・埼玉県・千葉県・東京都)の一部の地域のみとなっています。詳細のエリアは「すまいるプラザ」で確認してみましょう。

    <つくば>カードローンの保証会社

    筑波銀行カードローンの保証会社は一次が「筑波信用保証」で、NGだった場合の2次が「新生フィナンシャル」となっています。考え方にもよりますが、保証会社が1つとなっているカードローン商品よりは有利とも言えます。

    しかし、どちらも歴史と実績のある会社ですので、決して甘い審査などはおこなわれません。厳正な審査が行われると考えておきましょう。

    審査落ちになる原因5つ

    【審査落ちになるケース】
    ■収入が低い・安定していない
    ■申し込み時の虚偽がある
    ■他のローン借り入れが多い
    ■短期間に複数社へ申し込みしている
    ■信用情報に傷がある

    カードローン審査に落ちる原因は、一般的には上記の理由などが挙げられます。

    収入状況や他社のローン状況は、審査に直結する部分です。また、過去に何らかのお金関係のトラブル(分割払いの未払い等)を起こしている人も、審査に少なからず影響します。

    仮に上記の全てに該当しない場合であっても、必ず審査に通過できるとは限りません。審査の基準は、どこの金融機関も明確には公開していないのです。

    勤務先への在籍確認も行われる

    申し込み者の収入状況を確かめるため、保証会社から勤務先に電話をかけます。この工程をクリアできないと、審査には通過することはできません。

    不安に感じる人も多いかもしれませんが、担当者はカードローンの利用だとは決して口にしません。また、申し込み者本人がその場に居なかった場合でも、在籍していることが確認できればOKです。

    審査の結果が分かるのは3営業日以降

    電話取材をしたところ、審査の結果はおよそ3営業日くらいで分かるとの事でした。結果通知に関してはメールもしくは電話でおこなわれます。

    通過できた場合は、これから本契約をすることとなりますので、1度筑波銀行の窓口へ行かなければなりません。すでに筑波銀行の口座を持っている場合は、来店不要のケースもあるそうですが、1度は行くという前提で考えておきましょう。

    筑波銀行カードローンの借り入れについて

    審査に通過して契約手続きまで完了すると、所定の限度額までならお金を借りることができるようになります。返済の計画をきちんと立てたうえで、必要な分だけのお金を借りましょう。

    具体的な借り方は、カードを使ってATMで借りる方法と、インターネットバンキングを使って自分の口座に入金してもらう方法の2通りがあります。

    【1】ATMで借りる

    郵送もしくは店頭発行にてローンカードを手に入れれば、ATMからいつでもお金を借りることができるようになります。利用可能なATMは以下になります。

    【利用可能なATM】
    筑波銀行ATM
    セブン銀行ATM
    イオン銀行ATM
    E-net
    ローソン銀行ATM

    上記の通り、全国のコンビニで24時間借り入れをすることができるので、利便性の面では非常に高いと言えます。ただし、時間帯によっては手数料が発生する点は理解しておきましょう。

    【2】インターネットバンキングで借りる

    事前にご利用口座の登録をしておくことで、ネットからいつでもキャッシングをしてもらう事が可能になります。

    自分の口座に直接振り込みをしてもらえるので、口座引落の期日に間に合わない時などは便利です。もちろん、PCだけでなくスマートフォンからでも対応可能です。

    限度額を増額する方法

    カードローンは契約時に限度額を定める事となります。筑波銀行カードローンの場合は、10万円~500万円まで、10万円単位に限度額が決まります。

    カードローンを使っている最中に、限度額が足りなくなってしまった時には、増額の申し込みをすることが可能です。そして、増額審査に通過できれば、限度額を増やすことが可能です。

    申し込みはすまいるプラザで

    ローンについての各種相談は、筑波銀行の「すまいるプラザ」で受け付けています。茨城県内に多くのプラザがありますので、そこで相談をしてみましょう。

    もし窓口へ行く時間がない場合には、電話相談も受け付けています。場合によっては書類提出のために来店する必要があるかもしれませんが、自分の現在の状況と増額希望の旨を伝えてみてください。

    厳しい増額審査がある

    増額の申し込みをすると、筑波銀行および保証会社により「増額審査」がおこなわれます。こちらは申し込み時の審査とは内容が異なります。

    【増額審査で見られるポイント】
    ・筑波銀行カードローンを一定期間以上使っているか
    ・筑波銀行カードローンで返済遅れを起こしていないか
    ・他カードローンの利用額や件数が増えていないか
    ・申し込み時に比べて収入状況はどう変わっているか
    ・申し込み時から勤務先の状況はどう変わっているか

    収入状況が悪化している場合は増額審査においては不利になり、お金関係の状況が改善している場合には有利になります。また、勤務先や所属が変更になっていると、場合により在籍確認が行われますので注意が必要です。

    増額申し込みをした結果、限度額が増えるケースもあれば、逆に減らされてしまうケースもあります。収入状況や他社借り入れ状況が悪化している場合には、安易な増額申し込みは避けた方が良いかもしれません。

    筑波銀行カードローンの返済について

    カードローンで借りたお金の返済は、基本的に月に1度は必ず行わなければなりません。その返済方式は、残高スライド方式となっています。

    筑波銀行の場合は、返済日が「毎月3日の自動引き落とし」に設定されています。この日をすぎると延滞扱いとなってしまうので注意が必要です。

    返済額は月々2,000円~でOK

    前月約定日の残高 約定返済額
    2,000円未満 利用残高
    2千円以上10万円以下 2,000円
    10万円超20万円以下 4,000円
    20万円超30万円以下 6,000円
    30万円超40万円以下 8,000円
    40万円超50万円以下 10,000円
    以降10万円ごと 2,000円ずつ追加

    ほとんどの銀行カードローンは、借りている残高に応じて最低返済額が決まる形式となっており、筑波銀行の場合も同様です。

    残高が10万円以下の場合の最低返済額は2,000円となっているので、返済の負担はかなり軽いと言えます。しかし、最低返済額だけを返しているままでは、なかなか元本が減りませんので、余裕のある時に「随時返済」をATMでおこないましょう。

    【まとめ】筑波銀行カードローンについて

    筑波銀行カードローンは、お金に困った時に使える便利なサービスです。しかし、実際に利用するためには審査があり、申し込みした人の全員がお金を借りられるワケではありません。

    収入面や地域での利用条件を満たしていることと、利用開始までに数日かかる事を把握したうえで申し込みを検討しましょう。

    また、カードローンを利用する際には返済の予定をきちんと立てて、無理のない範囲で使いましょう。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。