福岡銀行カードローンの返済額や知って得する効率的な返済方法

    A84e0b8c4093ee2b8016973def9470c6 t

    福岡銀行カードローンの返済額について

    福岡銀行カードローンの返済額は、選択する返済方法によって異なります。
    「毎月いくら支払っていけばいいのか」「無理のない範囲で支払っていきたい」このような不安を持つ方も多いのではないでしょうか?

    結論から申し上げますと、以下の返済方法によって毎月支払う返済額には若干の差があります。

    ・口座引落型
    ・直接入金型

    基本的な返済額は同じですが、実際に毎月どれくらいの返済額になるのか確認していきましょう。

    口座引落型の場合

    まずは、口座引落型を利用した場合の返済額を見ていきます。

    借入残高(利息込み) 返済金額
    2千円未満 全額
    2千円以上10万円以下 2千円
    10万円超20万円以下 4千円
    20万円超30万円以下 6千円
    30万円超40万円以下 8千円
    40万円超50万円以下 1万円
    50万円超100万円以下 2万円
    100万円超200万円以下 3万円
    200万円超300万円以下 4万円
    300万円超400万円以下 5万円
    400万円超500万円以下 6万円
    500万円超600万円以下 7万円
    600万円超700万円以下 8万円
    700万円超800万円以下 9万円
    800万円超900万円以下 10万円
    900万円超 11万円

    上記のように、借入額が高額になるほど返済額も比例して高くなります。とはいえ、40万円以下であれば毎月の返済額は数千円で問題ありません。

    直接入金型の場合

    次に、直接入金型を利用した場合の返済額を見ていきます。

    借入残高(利息込み) 返済金額
    2千円未満 1千円
    2千円以上10万円以下 2千円
    10万円超20万円以下 4千円
    20万円超30万円以下 6千円
    30万円超40万円以下 8千円
    40万円超50万円以下 1万円
    50万円超100万円以下 2万円
    100万円超200万円以下 3万円
    200万円超300万円以下 4万円
    300万円超400万円以下 5万円
    400万円超500万円以下 6万円
    500万円超600万円以下 7万円
    600万円超700万円以下 8万円
    700万円超800万円以下 9万円
    800万円超900万円以下 10万円
    900万円超 11万円

    2千円以上の借入であれば、口座引落型を利用した場合の返済額と差はありません。高額な借入が必要な場合でも、毎月無理なく返済していけるので安心してください。

    借入額が2千円未満の場合は若干異なる

    口座引落型と直接入金型で1点異なるのは、借入金額が2千円未満の場合です。各返済額は、以下のようになっています。

    ・口座引落型
    2千円未満 全額

    ・直接入金型
    2千円未満 1千円

    例えば、福岡銀行カードローンで1,500円借入した場合を考えてみましょう。
    口座引落型の場合は1,500円、直接入金型の場合は1,000円を返済日に支払う形となります。借入残高が1,000円未満となった場合は、全額を福岡銀行の銀行窓口で所定の手続きを行いましょう。

    返済額には利息が含まれているので注意!

    福岡銀行カードローンの返済額には、毎月金利分の利息が含まれています。
    「毎月きちんと返済しているのに、中々完済できない…」このように感じるのは、返済額に含まれている利息の割合が大きいためです。

    カードローンを利用する前でも、以下の数式を使えば自分でも算出することはできます。

    『借入残高 × 金利 ÷ 365 × 借入日数 = 利息』

    どれくらいの利息が返済額に含まれているのか、気になる方はぜひシミュレーションしてみるのをおすすめします。

    1ヶ月目の利息をシミュレーション

    では、実際に数式を使って利息を算出してみます。以下の例でシミュレーションしてみるので、ぜひ参考にしてください。

    【利息をシミュレーション】
    例)借入1万円、金利14.5%、毎月の返済額は2,000円
    10,000円 × 0.145 ÷ 365 × 30日 = 119.17…

    小数点以下は切り捨てとなるので、1ヶ月目にかかる利息は「119円」となります。上記の例であれば返済額は2,000円なので、利息を差し引くと実質返済しているのは「1,881円」となるのです。

    完済までには時間がかかりやすい

    カードローンの返済額は少額なので、毎月の支払いにそこまで負担は感じないものの、完済までにかかる期間は長期化しやすくなっています。

    尚且つ、利息負担を考慮していないと、「毎月きちんと返済しているのに完済しない…」といった状況に陥ってしまう可能性も出てくるでしょう。
    このような状況を避けるためにも、カードローンを利用する際には計画性が大切になってくるのです。

    返済が長期的で苦しくなる場合も…

    仮に、予定していた返済期間までに完済できないと、無理のない範囲で対応するのが難しくなってしまう場合もあるでしょう。
    例えば、1万円を5ヶ月で完済するつもりだったのに、実際にはそれ以上かかってしまうと、他に予定していた出費と重なってしまう可能性も十分考えられます。

    借入後にトラブルを起こさないよう、返済額の仕組みをきちんと理解して、計画的に返済していく必要があると言えるでしょう。

    返済日までに支払えない場合は滞納になる

    万が一、返済日までに支払えなければ「滞納」、2~3ヶ月以上だと「長期滞納」となり、金融事故として扱われてしまうのです。このような返済トラブルは信用情報に5年間記録されてしまい、一定期間が経過するまで消えません。

    信用情報に記録が残っている期間は、住宅ローンやカーローン、さらには携帯本体料金の分割など、一般的な審査も通過できないので注意してください。

    督促だけでなくカードが利用停止になる可能性もある

    毎月の返済を滞納してしまうと、福岡銀行から督促の電話がかかってきます。
    電話と言っても、すぐに支払いを強要するような内容ではなく、支払いが済んでいない旨を伝えたり、今後の返済方法について相談したりする程度なので安心してください。

    しかし、このような銀行側の督促を無視していると、カードローンが利用できなくなってしまう可能性もあります。
    最悪の場合、強制解約されてしまうケースもあるので、返済は毎月きちんとおこなうようにしましょう。

    カードローンを利用する際は効率的かつ計画的な返済を!

    福岡銀行カードローンで借入する場合は、計画的かつ効率的に返済していく必要があります。毎月の返済額だけでなく、完済までにどれくらい期間が必要なのかを確認しておきましょう。

    随時返済を活用するのがおすすめ

    カードローンの返済では、毎月の最低返済額だけを支払っていくのはおすすめできません。
    例えば、毎月の返済額は2,000円だったとしても、福岡銀行のATMや提携先の銀行、コンビニに設置してあるATMを使って「随時返済」が可能です。

    ボーナスなどで資金繰りに余裕がある月などに、最低返済額よりも余分に支払うことで、借入残高を効率的に減らすことができます。
    無理のない範囲で、積極的に随時返済を行っていくようにしましょう。

    まとめ

    福岡銀行カードローンの返済額について解説していきました。

    毎月いくら返済していけばいいのか不安に感じる方もいるかもしれませんが、月々の支払いは少額ずつ対応していけます。高額な借入でも無理なく返済していけるので、安心して借入してみてください。

    とはいえ、返済額には金利分の利息が含まれているので、完済までに時間がかかりやすくなっています。借入する際には、随時返済を行う等の計画的かつ効率的な返済を心がけるようにしましょう。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。