第四銀行カードローン「解決スピーディー」申し込み方法と審査に通過するポイント

    Atm

    新潟県と周辺地域にお住まいの人におなじみの第四銀行が提供するカードローンサービス「解決スピーディー」について紹介します。

    お金に困った時の強い味方になってくれる解決スピーディーですが、実際に利用できるのは審査に通過できた人だけです。審査に通過できなかった場合は、残念ながらお金を借りることはできません。

    申し込み前に、借り方・返済の仕方・審査内容・他のカードローンとの差などを覚えておきましょう。

    第四銀行カードローン「解決スピーディー」とは

    商品名 解決スピーディー
    金利(実質年率) 4.0%~14.8%
    限度額 10万円~500万円
    口座 不要
    使いみち 自由
    返済方式 残高スライドリボルビング方式
    担保・保証人 不要

    申し込み条件
    ●ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満で、安定した収入のあるかた
    ●保証会社(エム・ユー信用保証(株))の保証を得られるかた
    ●ご住所又はお勤め先の所在地が、第四銀行本支店営業地域にあるかた

    金利は限度額により決まる

    銀行カードローンの多くは、限度額がどれぐらいかにより金利が決定することになります。限度額が高い人ほど、低金利でカードローンサービスを使える仕組みです。

    限度額は10万円ごとに区切られており、審査結果が通達されるタイミングで限度額も決まります。

    お借入れ極度額 利率
    10万円以上90万円以下 年14.8%
    100万円以上200万円以下 年12.0%
    250万円以上400万円以下 年6.0%
    450万円・500万円 年4.0%

    他のカードローンと比較しても標準的

    第四銀行カードローンのサービス内容は、大手の都市銀行、他の地方銀行、ネット銀行などと比べても遜色ありません。主な銀行カードローンや消費者金融系カードローンとの比較は、以下のようになっています。

    第四銀行カードローン

    金利:4.0~14.8%
    限度額:500万円
    口座開設:不要
    最低返済額:2,000円~

    みずほ銀行カードローン

    金利:2.0~14.0%
    限度額:800万円
    口座開設:必要
    最低返済額:10,000円~

    三井住友銀行カードローン

    金利:4.0~14.5%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:2,000円~

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    金利:1.8~14.6%
    限度額:500万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    楽天銀行スーパーローン

    金利:1.9~14.5%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:2,000円~

    アコム

    金利:3.0~18.0%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    プロミス

    金利:4.5~17.8%
    限度額:500万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    上記の中では、消費者金融系カードローンであるアコムとプロミスに限り「最短即日融資」が可能となっているので、今日明日中にお金が必要な人はアコムやプロミスがおすすめです。

    しかし、そこまで急いでいるわけでないのであれば、相対的に見ると金利のやすい銀行カードローンの方がおすすめです。また、すでに口座を持っている銀行のカードローンであれば、申し込み手続きをスムーズに進めることができます。

    口座がなくても申し込み可能

    銀行カードローンでは、その銀行の口座を持っていなければ利用できないというケースも多いのですが、解決スピーディーを利用する場合は第四銀行の銀行口座はとくに必要ありません。

    第四銀行の口座を持っている人であれば、返済方法で口座振替を利用できるメリットはあるものの、持っていない人でも問題なく利用はできるので、ここは他の銀行カードローンに比べると便利だといえるでしょう。

    第四銀行カードローン「解決スピーディー」の申し込み

    銀行カードローンの申し込み方法は、今はほとんどの銀行ではネット申し込みが主流になっています。実際に店頭へ足を運ぶ必要はありません。

    第四銀行カードローン解決スピーディーの申し込みは、以下の3つの方法から選ぶことができます。

    ■WEB申し込み
    ■電話申し込み
    ■FAX・郵送申し込み

    申し込みに必要な情報

    カードローンの申し込み時には、申込者の情報・家族や住まいの情報・勤務先情報・お金に関する情報(信用情報)などを全て伝える必要があります。

    WEBの場合はネット入力で、電話(0120-86-6070)の場合は口頭で、FAXや郵送の場合は書面で伝えるという違いだけで、どの方法で申し込みをしても基本的ま流れは変わりません。

    申し込み時に必要な書類

    実際に書類の提出が必要になるのは審査通過後ですが、先に必要書類の準備はしておきましょう。入力した情報と書類の内容が異なってしまうと、後になって訂正の必要が出てきてしまいます。

    【必要になる本人確認書類】
    (1)運転免許証
    (2)パスポート
    (3)個人番号カード(表面のみ)
    (4)在留カード
    (5)特別永住者証明書
    (6)健康保険証 など

    第四銀行カードローン「解決スピーディー」の審査について

    カードローンでお金を借りるには、例外なく審査に通過する必要があります。

    銀行側としては、申込者にお金を貸しても大丈夫かどうかを、事前に見極める必要があります。

    返済能力がない人にお金を貸してしまっては、結果的に銀行側に損失が出てしまいます。そうならないように、事前に申込者の収入状況、他のローン状況などを確認するのです。

    【前提】申し込み条件を満たしているかどうか

    利用条件
    ●ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満で、安定した収入のあるかた※年金収入のみのかたは、ご利用いただけません。
    ●保証会社(エム・ユー信用保証(株))の保証を得られるかた
    ●ご住所又はお勤め先の所在地が、第四銀行本支店営業地域にあるかた

    基本的に上記の条件を全て満たしていないと、第四銀行からお金を借りることはできません。

    年齢の条件を満たしていない場合には、他の銀行カードローンを検討しましょう。また、営業地域に在住もしくは勤務先がない人も、申し込み不可となっています。

    ※営業地域についての詳細は電話(0120-86-6070)にてご確認ください

    保証会社は「エム・ユー信用保証」

    第四銀行カードローンの保証を担当しているのは、エム・ユー信用保証㈱です。こちらはメガバンクの一角を担う三菱UFJ銀行グループとなっています。

    大手金融機関なので、当然ながら甘い審査などはおこなうはずもなく、厳正なる審査となります。さらに、過去に三菱UFJ銀行系列のグループで何かしらの金銭トラブルを起こしている場合は、その情報が保管されているため審査に通りにくくなる可能性があります。

    審査が不安な人はお試し診断を

    第四銀行カードローン公式ページ
    画像引用:第四銀行カードローン公式ページ お試し診断

    カードローンの審査が不安と感じている人は、申し込み前に簡易的な審査(お試し診断)を受けることが可能です。

    上記の画像の通り、生年月・性別・独身既婚・保険種類・他社借り入れ状況を入力するだけで、簡易的に借り入れ可能かどうかを診断することができます。

    審査落ちになる原因5つ

    第四銀行をはじめとする金融機関は、カードローンの審査基準については基本的に公開していません。たとえ審査に落ちてしまった場合でも、審査落ちの原因は教えてくれません。

    しかし、一般的にカードローン審査に落ちる原因は、以下のような特徴がある人です。

    【1】申し込み内容の虚偽

    事実ではない本人情報・勤務先情報、他社借り入れの情報などを入力または申告すると不正申し込みとみなされ審査落ちします。

    審査に通りたい一心で、事実ではない情報を記載するのは絶対にやめましょう。

    【2】収入が不足/安定していない

    申し込み者に一定以上の収入があるかどうかは、審査における重要な判断基準です。借り入れ希望額に対して収入が低いと判断されたら、残念ながら審査落ちとなります。

    また、収入は安定しているかどうかも重要です。自営業・パート・アルバイトなど、月によって収入が大きく変わる人は、安定していないと判断される傾向にあります。逆に、派遣社員・正社員・公務員などは安定しているとみなされます。

    【3】他社でのローン借り入れが多い

    第四銀行側としては、他の金融機関からもたくさんのお金を借りている人には、新たにお金を貸すわけにはいきません。

    申込者のローン利用状況は、金融機関が加盟している信用情報機関に全て記録されていますので、調べればすぐに分かります。住宅ローン・車のローン・クレジットカードのキャッシングなど、全ての借り入れが影響します。

    【4】短期間に複数の申し込み

    カードローンに申し込みをしたという履歴は、信用情報機関に記録されることとなります。短期間に複数社のカードローンへ申し込みをするということは、それだけお金に困っている人と判斷されてしまう、審査に通りにくくなります。

    1ヶ月に3社~4社の申し込みをする人は、いわゆる「申し込みブラック」と呼ばれ、審査の面ではかなり不利になります。

    もしも自分が該当すると思ったら、少し期間を空けてから申し込むことをおすすめします。

    【5】過去に金融事故歴がある

    金融事故とは、過去に起こしたお金関係のトラブルのことを指します。信用情報の傷とも呼ばれますが、具体的には以下のような例が該当します。

    ■各種ローンの長期延滞
    ■クレジットカードの支払い長期延滞
    ■スマホや家賃の支払い長期滞納
    ■自己破産など債務整理手続き

    これらの情報も信用情報機関で厳重に管理されており、第四銀行カードローン申し込み時にはこの情報が照会にかけられます。直近で5年のうちに履歴があるとカードローン審査に影響します。

    勤務先への在籍確認も行われる

    審査の過程の中で必ず行われる「在籍確認」は、銀行もしくは保証会社が申込者の勤務先に電話をかけて、本当に在籍しているかどうかを確認するというものです。

    申込者からすると、勤務先に電話が来るのは不安かと思いますが、この在籍確認は基本的に避けて通ることはできません。

    とはいえ、担当者はカードローンの利用だとは告げませんし、申込者が勤務先にいなくてもOKです。よほど勘のいい人でなっければ、カードローンの利用だと知られる可能性は低いでしょう。

    審査の結果が分かるのは約3日

    第四銀行に電話取材をおこなったところ、審査の結果がわかるまでには3日ほどかかるとのことでした。一般的に銀行カードローンの審査は3日前後かかるので、とりわけ標準的と言えるでしょう。

    カードローンの審査は、基準ギリギリの人ほど時間がかかる傾向にあります。申し込みからた数日を経過しても審査結果が来ない場合には、第四銀行ローン受付センター(025-282-7582)に問い合わせをしてみましょう。

    第四銀行カードローン「解決スピーディー」の借り入れについて

    審査に通過すると、第四銀行に必要書類の提出を行います。WEBアップロード・FAX・郵送のいずれかの方法で提出しましょう。

    その後に自宅にローンカードが郵送されてきますので、それを銀行ATMもしくはコンビニなどの提携ATMに挿入して、お金を借りることとなります。

    【利用可能ATM】
    ・第四銀行ATM
    ・ローソン銀行ATM
    ・セブン銀行ATM
    ・E-net
    ・ゆうちょ銀行ATM など

    ATMで借り入れをする際には、利用機関や利用時間により手数料が必要となる場合があります。

    口座があれば振込キャッシング可能

    審査に通過してから手元にローンカードが届くまでには、およそ1週間ほどかかります。その間、できるだけ早くお金を借りたいという人も多いことでしょう。

    もしも第四銀行の口座を持っている場合であれば、審査通過後に振込にてお金を借りることが可能です。

    第四銀行の口座を持っていない場合は、ローンカードの到着を待ちましょう。

    限度額を増額する方法

    第四銀行カードローンの審査通過時には、所定の限度額が定められることとなります。その限度額の範囲内であれば、自由にお金を借りることができます。

    しかし、利用中にどうしても「限度額が足りない」という事態が起きてしまうこともあるでしょう。そんな時は第四銀行側に限度額の増額を申し出ることができます。

    厳しい増額審査がある

    増額の申し込みをすると、第四銀行および保証会社であるエム・ユー信用保証で「増額審査」がおこなわれます。こちらは申し込み時の審査とは内容が異なります。

    【増額審査で見られるポイント】
    ・第四銀行カードローンを一定期間以上使っているか
    ・第四銀行カードローンで返済遅れを起こしていないか
    ・他カードローンの利用額や件数が増えていないか
    ・申し込み時に比べて収入状況はどう変わっているか
    ・申し込み時から勤務先の状況はどう変わっているか

    収入状況が悪化している場合は増額審査においては不利になり、お金関係の状況が改善している場合には有利になります。また、勤務先や所属が変更になっていると、場合により在籍確認が行われますので注意が必要です。

    増額申し込みをした結果、限度額が増えるケースもあれば、逆に減らされてしまうケースもあります。収入状況や他社借り入れ状況が悪化している場合には、安易な増額申し込みは避けた方が良いかもしれません。

    増額申し込みは電話で

    第四銀行ローン受付センター(025-282-7582)に電話することで、増額希望の旨を伝えましょう。その時には、現時点での限度額がいくらで、最終的に限度額をいくらにしたいのか聞かれます。

    大きな額を希望すればするほど、審査通過が難しくなりますので、本当に必要な分だけの限度額を申請しましょう。

    第四銀行カードローン「解決スピーディー」の返済について

    カードローンで借りたお金は、言うまでもなくきちんと返済しなければいけません。逆に言うと、きちんとした返済計画を立ててから実際にお金を借りるべきと言えます。

    返済額は月々2,000円~でOK

    解決スピーディーの毎月の返済額は、約定返済日前日の利用残高に応じて変わります。たくさんお金を借りている人ほど、1度に返済しなければならない額も大きくなります。

    10万円以下の借り入れの場合は、毎月の返済額は2,000円あればOKです。これは、他の銀行カードローンと比べても返済の負担はかなり軽いと言えるでしょう。

    約定返済日前日の残高 約定返済額
    2千円未満 約定返済日前日のご利用残高
    2千円以上10万円以下 2,000円
    10万円超20万円以下 4,000円
    20万円超30万円以下 6,000円
    30万円超40万円以下 8,000円
    40万円超50万円以下 10,000円
    50万円超100万円以下 20,000円
    100万円超200万円以下 30,000円
    200万円超300万円以下 40,000円
    300万円超400万円以下 50,000円
    400万円超500万円以下 60,000円

    返済日は「毎月26日」

    第四銀行カードローンの定めている毎月の返済日は26日です。26日が銀行営業日でない場合は、翌営業日になります。

    26日を過ぎてしまうと延滞扱いとなってしまいますので、くれぐれも注意しましょう。

    口座を持っている人は口座振替が可能

    第四銀行の口座を持っている人は、その口座から自動振替にするかどうかを選ぶことができます。その場合も、カードで随時返済をすることが可能です。

    返済日に遅れるかもしれない人は、作れる時に第四銀行の口座を作っておくというのも1つの手段です。

    【まとめ】第四銀行カードローンについて

    第四銀行カードローン「解決スピーディー」は、来店不要・WEB申し込み可能な、非常に利便性の高いカードローンです。

    新潟県および周辺に住んでいる人や、すでに第四銀行の口座を持っている人にとっては、非常に心強いサービスとなってくれるころでしょう。

    借り方、返済、審査について充分に理解したうえで申し込みを検討してみてください。また、実際にお金を借りる時にも、借り入れと返済のバランスをきちんと立ててから計画的に利用しましょう。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込みでの契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。