みずほ銀行カードローンの申し込み方法や必要書類について解説

    Card

    みずほ銀行カードローンの申し込みについて

    3大メガバンクの1つ、みずほ銀行のカードローンの申し込み方法や、その際に必要な書類について解説します。

    国内のほとんどの銀行は、お金を融資するカードローンサービスを提供していますが、利用するにはきちんと手順に沿った申し込みをする必要があります。

    項目 詳細
    金利 年率2.0%~14.0%
    限度額 10万円、20万円、30万円、50万円、100万円~800万円(100万円単位(*1))
    取引期間 1年ごとに審査のうえ自動更新
    担保・保証人 不要(保証会社である株式会社オリエントコーポレーションが審査のうえ保証します)
    返済方法 残高スライド方式
    遅延損害金 年19.9%
    返済期日 毎月10日

    引用:カードローン | みずほ銀行

    上記がみずほ銀行カードローンの商品概要です。申し込みをしたのち、銀行による審査があり、その後の契約時に利用限度額や金利が提示されます。

    申し込みをするには利用条件を満たす必要がある

    みずほ銀行カードローンには利用条件があります。利用条件を満たしていないと、申し込みをしてもその後の審査に通過しません。

    申し込み前に、以下の利用条件を確認してみましょう。

    【利用条件】
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
    ・ ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
    ・ 安定かつ継続した収入の見込める方
    ・ 保証会社の保証を受けられる方
    ※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
    ※ 審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。

    出典: みずほ銀行カードローン:商品概要

    安定継続した収入というのは、毎月一定の金額を得続けているということです。必ずしも正社員かつ高給である必要はありません。

    パート・アルバイトの方でも収入を得続けていたら、安定収入とみなされる可能性があります。この安定収入を得ていないと、保証会社からの保証は得られません。

    カードローンを利用するにはみずほ銀行の口座が必要

    みずほ銀行カードローンを利用するためには、みずほ銀行の口座が必要です。融資を受けたお金は、返済をする必要があります。その返済は、みずほ銀行の口座から引き落としで行うのです。

    なお、現在みずほ銀行口座を持っていない人でも申し込み可能です。その場合は、カードローンと同時に、預金口座の申し込みをします。

    みずほ銀行の口座を作るのには、時間がかかるので、余裕を持って申し込みをしましょう。

    申し込み時にローンカードのタイプを選ぶ

    みずほ銀行カードローンは申し込みをする際に、「キャッシュカード兼用型」か「カードローン専用型」かを選びます。

    キャッシュカード兼用型であれば、預金口座のキャッシュカードで借り入れができるのです。この場合だと、カードが一枚で済むためお財布がかさばらないでしょう。

    ただし、キャッシュカード兼用型の場合、カードローン専用型より利用できるATMが少ないというデメリットがあります。

    【カードローンのご利用可能なATMについて】

    みずほ銀行カードローンの申し込み方法

    みずほ銀行カードローンを利用するためには、まず申し込みをする必要があります。
    申し込み方法は大きく4種類あるので、ご自身の都合が良い方法を選びましょう。

    【申し込み方法】
    ・インターネット(PC・スマホ)
    ・郵送
    ・電話
    ・店頭

    申し込み方法1:インターネット

    みずほ銀行に限らず、カードローン申し込みで主流なのがインターネットです。みずほ銀行の公式サイトから、カードローン申し込みの画面に遷移して、手続きを進めましょう。

    氏名・年齢・住所といった基本情報や勤務先・年収・雇用形態などの勤務先情報を記入していく必要があります。申し込み完了後に、みずほ銀行から確認の電話が来るので、出られるようにしておきましょう。

    申し込み方法2:郵送(メールオーダー)

    こちらはみずほ銀行に備え付けてある、メールオーダーで郵送をする方法です。こちらはみずほ銀行の普通口座を持っている方が対象です。

    カードローン申込書の項目を入力し、身分証明書や収入を確認できる書類を同封して、郵送してください。書類がみずほ銀行に届いたのち、電話が来ますので出られるようにしましょう。

    申し込み方法3:電話

    みずほ銀行カードローンは電話で申し込みができます。インターネットや郵送のように必要項目を記入する必要はなく、口頭で質問に回答していきましょう。

    記入の手間はありませんが、電話の営業時間があることと、電話をするための時間を確保しなくてはならないというデメリットがあります。

    みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
    フリーダイヤル:0120–324–555
    月曜日~金曜日 9時00分~20時00分
    12月31日〜1月3日、祝日・振替休日はご利用いただけません

    申し込み方法4:店頭

    みずほ銀行カードローンは店頭でも申し込みをすることができます。不明点を担当の方に聞きながら手続きを進められます。

    店頭で申し込みをする際は、印鑑および身分証と年収を証明できる書類のコピーを持参する必要があります。なお、店頭に足を運んでも、すぐにお金を借りられるわけではないのでご注意ください。

    みずほ銀行カードローンの申し込みに必要な書類

    みずほ銀行カードローンへ申し込みをするにあたり、書類の提出が必要です。具体的に書類というのは、身分証明書や収入を証明できる書類のことを指します。

    郵送や店頭申し込みをする場合は、必要書類のコピーを取りましょう。インターネットで申し込みをする際は、スマホカメラやデジタルカメラで書類を撮影して、画像データを提出します。

    本人確認書類の提出

    みずほ銀行カードローンへ申し込みをするのであれば、本人確認書類の提出が必要です。銀行はこの本人確認書類を見て、利用条件を満たしているのか、また利用者本人が申し込みをしているのかどうかを確認します。

    【本人確認書類】
    ・運転免許証
    ・運転経歴証明書
    ・パスポート(写真およびご住所のページ)
    ・各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
    ・印鑑証明書
    ・住民票
    ・特別永住者証明書
    ・在留カード

    収入証明書類の提出

    みずほ銀行カードローンで50万円超えの借り入れを希望する場合は、収入証明書類の提出が必要です。みずほ銀行は融資する金額が増えるほど、返済されなかったときのリスクが高まります。

    このようなリスクを避けるために、その人は収入をきちんと得ている人なのか細かく確認する必要があるのです。

    【収入証明書類】
    ・源泉徴収票
    ・納税証明書(その1・その2)
    ・住民税決定通知書または課税証明書

    みずほ銀行カードローンの申し込み後の審査

    みずほ銀行カードローンの申し込みが完了すると、その後審査が行われます。審査で申し込み者の返済能力を確かめるのです。返済能力というのは、借りたお金をきちんと返していく力を指します。

    申し込みをしたとしても、この審査に落ちてしまえば、その時点で手続きは終了。みずほ銀行カードローンは利用できません。

    保証会社による仮審査

    みずほ銀行カードローンの審査には、保証会社による仮審査という工程があります。みずほ銀行は自社の審査ノウハウでは補えない部分を、保証会社に委託しているのです。みずほ銀行カードローンの場合、保証会社はオリエントコーポレーションが担当します。

    保証会社はスコアリングという手法を用いて審査を行います。スコアリングというのは、申し込みフォームに記入された情報から、その人の返済する力を数値化する手法です。数値化された返済能力が一定の基準に満たない場合は、審査で足切りされます。

    在籍確認の電話連絡

    みずほ銀行カードローンの審査には、在籍確認という工程があります。これは申し込み者が、企業に勤めているのかを確認するために電話をする手続きです。

    カードローンは、収入が安定している人しか利用できません。そのため企業に勤めていることを確認することで、収入が安定しているという根拠を得るのです。

    在籍確認の電話は、プライバシーに配慮されており、用件は言いません。個人宛に電話がかかってきて、それに対応すれば在籍確認は完了します。もしご本人が不在中でも、同僚や上司があなたの名前を上げるだけで、在籍の確認がとれたとされます。

    審査に通過すると契約ができる

    保証会社による仮審査や、在籍確認など、全ての手続きが完了すると、申し込み時に申告したメールアドレスへ審査結果が届きます。

    審査に通過していると、カードローンの契約ができるのです。契約の際に利用限度額や金利が提示されるので、同意して契約を完了させましょう。

    既にみずほ銀行の預金口座をお持ちの方でキャッシュカード兼用型を選択した人は、お手持ちのカードで借り入れができます。それ以外の方は、手元にカードが郵送されるのを待ちましょう。

    まとめ

    みずほ銀行カードローンへの申し込みは、インターネット・電話・郵送・店頭と4種類あります。その中でも、おすすめなのがインターネット申し込みです。時間・場所問わず申し込みができます。

    申し込みをするにあたり、本人確認書類や収入証明書の提出を求められるので用意しておきましょう。インターネットで申し込みをする場合は、スマホカメラ等で撮影して画像をアップロードしてください。その他の方法で申し込みをする場合は、必要書類のコピーを取っておきましょう。

    なお、みずほ銀行カードローンには審査があります。申し込みをしたとしても、その審査に落ちてしまえば、お金は借りられません。また申し込みに誤りがある場合は、審査は長引いてしまうでしょう。申し込みをする際は情報の入力を間違えないように注意してください。

    関連記事はこちら
    Card 003

    みずほ銀行カードローンの商品内容と審査や借り入れについて徹底解説

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。