横浜銀行カードローンを使えるコンビニATMと利用する際の注意点

    Atm 1524870  340

    横浜銀行カードローンはコンビニATMで利用可能

    横浜銀行カードローンは、専用のカードを使いお金を借りるサービスです。横浜銀行のATMだけでなく、提携しているコンビニATMでもお金を用意できます。

    他社のカードローンでは、コンビニでは利用できない場合もありますが、その点を考えると横浜銀行カードローンの強みと言えるでしょう。

    利用できるコンビニATM一覧

    横浜銀行カードローンが使えるコンビニATMは以下のとおりです。1000円単位で借入・返済ができます。

    ・セブン銀行ATM
    ・ローソン銀行ATM
    ・イーネットATM
    ・イオン銀行ATM※
    ※イオン銀行ATMでは返済ができません。

    どのコンビニエンスストアも全国に多く展開しているため、利便性に関しては問題ないと言えるでしょう。

    横浜銀行のATMを利用する場合は、店舗が閉まる時間を加味しなくてはなりませんが、コンビニエンスストアであれば時間も気にせず借りられます。

    借り入れや繰り上げ返済ができる

    横浜銀行カードローンは、コンビニエンスストアのATMで借り入れと返済ができます。借入はローンカードを挿入して指定の金額を入力するだけです。

    また返済に関しては、希望する金額を入金すれば、利用残高から引かれます。

    横浜銀行カードローンの返済は原則、毎月10日に引き落としです。この返済に加えて、繰り上げ返済をしようと考えている人は、コンビニエンスストアで指定する金額を入金しましょう。

    ただし利用残高が残っている場合はコンビニで返済をしても、毎月の引き落としはなくなりません。

    横浜銀行カードローンをコンビニATMで使うメリット

    横浜銀行カードローンはコンビニATMと提携していますが、これによりメリットがあります。

    コンビニATMを利用するのであれば、ほぼ24時間お金の借入、また返済ができるため緊急時にも対応できるでしょう。

    24時間利用できることが多い

    横浜銀行カードローンをコンビニATMで使う場合は、ほぼ24時間利用できるというメリットがあります。もちろん土日祝日も可能です。

    横浜銀行のATMは、店舗が閉まると夜中は利用できません。このような場合でも、コンビニATMであれば借入ができます。

    ただし、毎月第1、第3月曜日の2時~6時はメンテナンス時間であるため利用できません。そのほか、祝日・休日に関しては前日の日曜日23時~祝日・休日8時は利用できません。

    所定のコンビニATMであれば手数料がかからない

    横浜銀行カードローンは、横浜銀行および所定のコンビニATM(セブン銀行・ローソン銀行・イーネット・イオン銀行)であれば、利用ををするのに手数料がかかりません。

    一般的なカードローンの場合、自社ATMでは手数料無料、コンビニATMではかかるというケースがよくあります。その点を考えると横浜銀行カードローンの強みと言えるでしょう。ただし、それ以外のATMでは手数料がかかるので注意が必要です。

    横浜銀行ATMおよびコンビニ等ATM(セブン銀行、ローソン銀行、イーネット、イオン銀行)では、各種お取り引き(お借り入れ・ご返済・残高照会)のATM利用手数料は無料です(休日・時間外含む)。

    出典: 【個人】横浜銀行カードローンの利用に、ATM利用手数料はかかりますか?

    横浜銀行カードローンをコンビニATMで使うデメリット

    横浜銀行カードローンをコンビニATMで利用するのには、デメリットもあります。

    まずはそちらを確認して、コンビニATMでの利用と他の方法を使い分けていきましょう。

    一括返済ができない

    横浜銀行カードローンをコンビニATMで利用する際は、返済は一括でできないというデメリットがあります。

    コンビニATMで返済をする場合は、元金分の返済しかできません。そのため、別途利息の支払いをする必要があります。

    一括返済(全額返済)は、横浜銀行のATMでのみ可能であるため、そちらで行いましょう。

    硬貨対応していない

    コンビニATMで返済をする場合は、硬貨対応していない可能性があります。

    横浜銀行カードローンの返済は硬貨でも行えますが、硬貨対応していないATMであると返済できません。
    細かい金額を返済したいという人は、横浜銀行のATMまで足を運びましょう。

    まとめ

    横浜銀行カードローンは、自社ATMだけでなく、コンビニに設置してあるATMでも借入・返済ができます。

    コンビニエンスストアであれば、基本的に24時間営業しているため、お金に困っている場合でも対応できるでしょう。

    横浜銀行カードローンは、コンビニATMからの返済でも手数料がかかりません。この点は他のカードローンと比較してもメリットと言えるでしょう。

    関連記事はこちら
    Card 003

    みずほ銀行カードローンの商品内容と審査や借り入れについて徹底解説

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。