七十七銀行カードローンを解約する方法とメリット・デメリット

    Card 005

    七十七銀行カードローンの解約について

    七十七銀行カードローンを保有している人は、「今後借りる予定がないため解約を検討している」という人もいるかもしれません。

    しかし、七十七銀行カードローンの解約をするには、条件を満たし、所定の手続きをする必要があります。今回は七十七銀行カードローンのスマートネクストに着目して、解約方法について解説していきます。

    解約をしない限り契約の記録は残り続ける

    七十七銀行カードローンは解約手続きをしない限り、契約しているという記録は残ります。

    七十七銀行カードローンの契約期間は、1年ごとの自動更新であるため、ご自身で解約手続きをしない限り契約は続きます。

    お金を借りていなくても、カードローンを契約しているという記録は信用情報に残るでしょう。信用情報というのは、個人のお金に関する取引履歴であり、カードローンやクレジットカードの利用履歴です。これは金融機関が審査の際に確認します。

    七十七銀行カードローンの解約をする方法

    七十七銀行カードローンを解約するには、店舗まで足を運ぶ必要があります。他行のカードローンでは、インターネットや電話で可能なところもありますが、七十七銀行は対応していません。

    カードローンを契約する際に、担当支店というものがあったと思います。そちらの担当支店まで足を運び契約手続きをしてください。

    カードローンを解約するには完済する必要がある

    七十七銀行カードローンに限らず、カードローンを解約するには、完済をする必要があります。完済ができない場合は、解約の申し込みができません。

    完済を急ぐ場合は、毎月の返済金額に加えて繰り上げ返済ができるので、そちらを活用しましょう。通常の返済は1,000円単位の返済となります。

    七十七銀行カードローンの毎月の返済は、1,000円単位で返すのが基本です。そのため、店舗で解約の手続きをする際に、その端数分の返済をする必要があります。

    七十七銀行カードローンを解約するメリット

    七十七銀行カードローンの解約をする前に、まずはメリット・デメリットを並べてみて、本当にその選択が適切かどうかを考えましょう。

    七十七銀行カードローンを解約するのには、借入をして無駄遣いをすることがなくなるメリットがあります。そのほか、他の金融機関の審査に影響が与える可能性もあるのです。

    借りないで済むならそれに越したことはない

    カードローンを解約すると、当然のことですが、借入ができなくなります。これがメリットになると言えるでしょう。人によっては、カードローンがあると安心して、ついつい無駄な出費をしてしまう人も少なからずいます。

    解約をすることでこのような借入を無くすことができるでしょう。カードローンで借りたお金には金利がかかり、返済の際に利息も支払う必要があります。借りないで済むのであれば、それに越したことはないでしょう。

    信用情報に解約したという実績が残る

    七十七銀行カードローンの解約をすると、その記録が信用情報に残ります。その情報は他の金融機関の審査の際に確認されるでしょう。

    解約をしたということは、完済をしたということです。つまり、他の金融機関は「この人はきちんと返済をする人だ」というような認識をする可能性があります。

    金融機関の審査では、「借りたお金を返す人物か」という点を確認するため、この解約したという情報はプラスに働く可能性があるでしょう。

    七十七銀行カードローンを解約するデメリット

    七十七銀行カードローンを解約するデメリットは、当然のことですが、お金が借りられなくなることです。緊急時にお金を用意したい場合でも、カードローンがない場合は自力でお金を調達する必要があるでしょう。

    このような場合でも、申し込みをすればすぐに借りられるだろうと考えている人は注意が必要です。カードローンの契約手続きには数日かかるため、お金が必要なタイミングに用意できない可能性があるでしょう。

    再申し込みする際にまた審査を受ける

    七十七銀行カードローンを一度解約してしまうと、再び利用したい場合は申し込みをする必要があります。
    その際に審査も受ける必要があるのです。この審査には時間がかかりますし、以前通ったからといって、再度通る保証はありません。

    ちなみに七十七銀行カードローンの審査は最短でも3営業日かかります。そこから契約をしてカードが手元に届くまでに10日前後かかるのです。

    もし万が一再度お金を借りたい状況に陥った場合は、申し込みをしなくてはいけません。借りる可能性がある場合は、手元にカードを残しておくのも一つの手でしょう。

    利用限度額や金利が元どおりになる

    これまで七十七銀行カードローンを契約していた人のなかには、金利が低くなったり、限度額が高くなったりと優遇を受けていた人もいるでしょう。

    一度解約をしてしまうと、再度申し込みをして審査に通過したとしても、同じような金利や限度額になる保証はありません。

    また他のカードローンへ申し込みをする場合でも同様の金利が適用される保証はありません。もし今後カードローンを使う可能性があれば、優遇を受けていた七十七銀行カードローンは解約せず、保有しておくこともまたひとつの手です。

    まとめ

    七十七銀行カードローンを解約するにはこれまで借りていたお金を完済する必要があります。七十七銀行カードローンの返済は、毎月の返済金額に加えて多く返すことができるため、完済を急ぐ場合は積極的に返済をしましょう。

    七十七銀行カードローンを店頭で解約する際は、返済額の端数分を支払う必要があるので、用意しておきましょう。

    そのほか、解約するメリット・デメリットについてよく考えてから、解約するかどうかの決断をしてください。

    関連記事はこちら
    Pants 1826127  340

    七十七銀行カードローンのサービス内容と申し込みから審査までを解説

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。