カードローンの金利と利息の関係や実際に発生する利息をシミュレーション

    %e5%b0%8f%e9%8a%ad

    カードローンを利用する前に、自分が希望する借入れ金額に対して、どれくらい利息がかかるのかは気になるポイントです。

    しかし、完済までの利息を計算するのは複雑で手間がかかってしまいます。

    そこで、この記事ではカードローンの利息を計算する方法だけでなく、実際にいくらの利息が発生するのかをシミュレーションしています。

    また、発生する利息を把握するだけでなく、利息を抑える方法も併せて解説していますので、自分に合った方法を検討してみてください。

    カードローンの利息を計算する方法

    カードローンの利息を計算するために用いる計算式は、ひとつだけです。

    ここでは、その計算式がどういった構造になっているのかを詳しく解説します。

    利息は「金利×借入残高÷365日×利用日数」で算出される

    カードローンの金利は、金融機関によって様々ですが、利息の計算式は共通しています。

    利息の計算式は、金利×借入残高÷365日×利用日数で算出されます。

    ご覧の通り、利息の計算は金利だけでなく、借入残高や利用日数も関係します。

    いくら低金利のカードローンを利用することができても、借入残高が多かったり、利用日数が長かったりするとその分多く利息が発生してしまいます。

    金利は年率で表示される

    金利とは借入残高に対して、利息が発生する割合のことです。

    カードローンで提示されている金利は、1年間で発生する利息の割合を示しています。

    そのため、金利は%で表示され、利息は金額で表示されます。

    借入残高は返済する度に減っていく

    利息を把握する際に、最初に借りた金額と金利を掛けて算出された利息を支払うことになると勘違いをしてしまいがちです。

    しかし、利息を計算する上での借入残高は返済する度に減っていきます。そのため、返済が進めば進む程、発生する利息は少なくなっていきます。

    カードローンは毎月決まった日に返済を行います。
    そこで支払う利息は、毎月あらかじめ定められた時点での借入残高をもとに計算されます。

    完済までに支払う利息は最初に借りた金額に、金利をかけて算出された利息よりも少なくなるとことだけは理解しておいてください。

    利用日数は借入れ日の翌日から計算される

    利用日数とは、借入れをしている日数のことです。利息は、借入した日数分だけ発生します。

    利用日数は、借入れしたその日から計算されず、借入れした翌日から計算されます。

    具体的に、4月25日に借入れをし、返済日が5月20日であるとします。この場合、借入れした翌日の4月26日から計算することになり、25日間が利用日数となります。

    そのため、借入れをしたその日に返済も行えば、利息はかからずに済んでしまいます。

    金利・借入残高・利用日数別に利息をシミュレーション

    完済までに発生する利息を計算するのは、非常に複雑で手間がかかります。

    そこで、利息の計算式を構成する、金利・借入残高・利用日数にそれぞれ着目して、利息をシミュレーションしました。

    自分が希望する金利、借入金額、利用日数を考えつつ、どのくらいの利息が発生することになるのかを確認してみてください。

    また、利息のシミュレーションはカードローンを提供している金融機関の公式サイトや専用アプリでも算出できます。

    様々な条件で、利息がどれくらい発生するのかを詳しく知りたい人は、確認してみてください。

    金利別に発生する利息をシミュレーション

    ここでは、金利が高いのと低いのとでは発生する利息がどう変わるかをシミュレーションします。

    条件は借入金額を30万円、返済期間を5年とし、金利は18%・15%・12%・10%・8%とします。

    これらの場合、完済までに発生する利息は下表のとおりです。

    金利 完済までに発生する利息
    18% 157,082円
    15% 128,219円
    12% 100,400円
    10% 82,447円
    8% 64,975円

    表の通り、数%の違いであっても利息には大きく影響します。
    金利や返済期間によっては、借入金額の半分以上も利息を支払うことになることに注意が必要です。

    金利をシミュレーションするときは上限金利を見よう

    金利がいくらになるかは、カードローンを申し込んだ後の審査で決定されます。

    審査では、申込者の収入状況や他社からの借入状況などの、お金に関する情報をもとに、利用限度額や金利を決定します。

    初めて契約する際は、申込者と金融機関との間に十分な信用が築かれておらず、低めの利用限度額で上限に近い金利を設定されることがほとんどです。

    そのため、自分が検討しているカードローンの利息をシミュレーションするときは、上限金利をもとに利息を算出するようにしましょう。

    借入金額別に発生する利息をシミュレーション

    いくら金利が低くても、借入金額が多すぎるとその分多く利息が発生してしまいます。

    そこで、借入金額に着目して発生する利息をシミュレーションします。

    金利は10%で10万円・20万円・30万円・40万円・50万円で借入れし、毎月1万円ずつ返済するケースを考えます。

    この場合、完済までに発生する利息と完済までの期間は下表の通りです。

    借入金額 完済までに発生する利息 完済までの期間
    10万円 5,069円 11カ月
    20万円 19,723円 1年10カ月
    30万円 47,113円 2年11カ月
    40万円 88,851円 4年1カ月
    50万円 149,613円 5年5カ月

    ご覧の通り、借入金額が多いと、完済までの期間も人によっては伸びてしまう可能性があるため、その分利息が発生してしまいます。

    借入金額を少なくして利息を抑えるには、必要以上の借入れをしないことが大切です。

    利用日数別に発生する利息をシミュレーション

    最後に、利用日数が長いのと短いのでは利息がどう変わるかをシミュレーションします。

    いくら金利が低くて借入金額が少なくても、利用日数が長いとその分利息も発生してしまいます。

    ここでは、30万円を金利15%で借入れし、1年・2年・3年・4年・5年で完済するケースを考えます。

    この場合、完済までに発生する利息は下表の通りです。

    利用日数 完済までに発生する利息
    1年 24,930円
    2年 49,104円
    3年 74,386円
    4年 100,763円
    5年 128,219円

    ご覧の通り、利用日数が長いと利息も大きく変わります。

    利息を抑えるためには、できるだけ早く返済をすることが大切ですが、無理な返済計画で生活に支障をきたすことがないように注意が必要です。

    自分に合った借入金額と返済額で、無理なく早く完済をできる計画を立てるようにしましょう。

    最低返済額での支払いはなるべく避けた方が良い

    最低返済額とは、毎月の必ず支払わなければならない金額のことです。
    カードローンでは、借入残高が多いほど最低返済額が高くなるものが多いです。

    具体例として、みずほ銀行カードローンの最低返済額を紹介します。

    借入残高 最低返済額
    1万円未満 前月10日現在の借入残高
    1万円以上100万円以下 10,000円
    100万円超200万円以下 20,000円
    200万円超300万円以下 30,000円
    300万円超400万円以下 40,000円
    400万円超500万円以下 50,000円
    500万円超600万円以下 60,000円
    600万円超700万円以下 70,000円
    700万円超800万円以下 80,000円
    800万円超 90,000円

    毎月の返済額が決められている分、返済の計画が立てやすくなることがメリットです。

    しかし一方で、最低返済額で支払い続けることにはデメリットがあります。

    最低返済額より多めに支払うほうが利息が少なくて済む

    最低返済額は、借入残高に対して低く設定されていることが多く、その金額で返済を続けても中々借入残高が減りません。

    利息を少しでも抑えたいという人であれば、毎月少しでも良いので、最低返済額以上の金額を支払うことが重要です。

    毎月多めに返済をすれば、利用日数を短縮することができ、その分利息が少なくて済みます。

    どうしても、今月は返済が苦しいという場合に、最低返済額での支払いを検討するように決めておくことがおすすめです。

    返済に遅れた場合は利息ではなく遅延損害金が発生する

    遅延損害金とは、返済日に遅れてしまった場合に貸金業者が損害を被ったとして、利用者に請求する罰金のようなものです。

    遅延損害金にも金利と同じく利率があり、遅延した日数だけ請求されるため注意が必要です。

    遅延損害金は利息と同じ計算式で算出される

    遅延損害金の計算式も、利息を計算するときと同様です。

    計算式は、借入残高×遅延損害金利率÷365日×遅延した日数です。

    遅延した日数は、利息の場合と同様に、返済日の翌日から計算されます。

    遅延損害金が発生している間は利息が発生しない

    返済を遅延してしまった場合、遅延損害金に加えて、遅延していた日数分だけ利息も支払う必要があるのでは?と考えてしまうかもしれません。

    しかし、遅延損害金が発生している間は、利息が発生しません。
    そのため、遅延している金額を返済する場合は、返済日までに発生した利息と返済日以降に発生した遅延損害金を支払う必要があります。

    そのため、遅延損害金を支払ったからといって、借入金額や利息が減ることはなく、返済負担が軽くなることはありません。

    遅延損害金の利率は20%が相場

    遅延損害金は、カードローンで表示されている上限金利以上の利率で計算されます。

    一般的なカードローンの遅延損害金利率は20%が相場であり、20%以上になることはありません。

    これは貸金業法で定められています。

    貸金業者から貸付けを受けた金銭の返済が遅れた際に発生する遅延損害金(一般に「遅延利息」と言われます。)の上限は、年20%となります。上限金利の引き下げに伴い遅延損害金の利率も改められました。

    出典: 日本貸金業協会

    20%以上の遅延損害金を請求されないとはいっても、通常の金利よりも高いことには変わりません。

    また、適用されている金利がいくら低くても、遅延損害金の利率は同じです。
    そのため、5%の金利で借入している人でも、20%分の遅延損害金を請求されることに注意が必要です。

    遅延した日数別に発生する遅延損害金をシミュレーション

    仮に、10万円を、5日・10日・15日・30日でそれぞれ遅延し、20%の利率で遅延損害金が発生したケースを考えます。

    通常時に発生する利息と比較しやすいように、金利15%で発生する利息もシミュレーションしました。

    シミュレーションの結果は下表の通りです。

    遅延日数 遅延損害金(20%) 通常の利息(15%)
    5日 273円 205円
    10日 547円 410円
    20日 1095円 821円
    30日 1643円 1232円

    ご覧の通り、遅延損害金は日数が長いほど、多くかかってしまいます。

    返済額が払えないからといって返済を先延ばしにしていると、より問題が深刻になってしまいます。

    利息を抑えるにはどんな方法がある? 

    金利・借入残高・利用日数によって、おおよそどれくらいの利息がかかるのかを把握したら、その利息を抑える方法を検討してみましょう。

    利息を抑えるにはいくつか方法があり、自分に合った方法を利用しましょう。

    まずは銀行カードローンを検討してみよう

    カードローンの中でも、銀行が提供しているカードローンは金利が低めに設定されています。

    主な銀行カードローンの金利は下表の通りです。

    商品 限度額 公式サイト
    三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~年14.6% 三菱UFJ銀行バンクイック公式サイト
    三井住友銀行カードローン 年4.0%~年14.5% 三井住友銀行カードローン公式サイト
    みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0% みずほ銀行カードローン公式サイト
    りそな銀行りそなカードローン 年3.5%~年12.475% りそな銀行りそなカードローン公式サイト
    東京スター銀行スターカードローン 年1.8%~年14.6% 東京スター銀行スターカードローン公式サイト
    住信SBIネット銀行カードローン 年8.99%~年14.79% 住信SBIネット銀行カードローン公式サイト
    オリックス銀行カードローン 年1.7%~年17.8% オリックス銀行カードローン公式サイト
    ソニー銀行カードローン 年2.5%~年13.8% ソニー銀行カードローン公式サイト
    楽天スーパーローン 年1.9%~年14.5% 楽天スーパーローン公式サイト
    じぶん銀行じぶんローン 年2.2%~年17.5% じぶん銀行じぶんローン公式サイト
    セブン銀行カードローン 年15.0% セブン銀行カードローン公式サイト
    イオン銀行カードローン 年3.8%~年13.8% イオン銀行カードローン公式サイト

    銀行カードローンの上限金利は15%あたりが相場となっています。

    一方、主な消費者金融のカードローンの金利は下表の通りです。

    商品名 金利 公式サイト
    アコム 年3.0%~年18.00% アコム公式サイト
    アイフル 年3.0%~年18.00% アイフル公式サイト
    プロミス 年4.5%~年17.8% プロミス公式サイト
    SMBCモビット 年3.0%~年18.00% SMBCモビット公式サイト
    レイクALSA 年4.5%~年18.0% レイクALSA公式サイト

    消費者金融の上限金利は、18%あたりが相場です。

    数%の差ですが、銀行カードローンの方が全体的に金利が低めに設定されていることがわかります。

    単に利息を抑えるだけでなく、長期間利用する予定であれば、金利が低めの銀行カードローンがおすすめといえます。

    短期間で少額を借りるなら無利息期間を利用する

    無利息期間とは、初めての借入であれば一定期間利息がかからないサービスです。

    期間としては、主に30日間の無利息期間を設けているところが多いです。

    具体的に、金利18%で10万円を借りて10カ月で返済する場合、30日間の無利息期間があるのとないのでは、完済までの利息はどうなるのかを考えてみます。
    完済までに発生する利息は下表の通りです。

    無利息期間 完済までに発生する利息
    あり 6,884円
    なし 8,434円

    このように、無利息期間を活用するだけで、発生する利息は大きく変わります。

    借入し始めたときは、完済までの期間の中で一番利息がかかるタイミングです。そのタイミングの利息がかからないので、利息を抑えるのに最適であるといえます。

    無利息期間内に借入れと返済ができれば、利息がかからずに借入れが可能です。

    大手消費者金融は無利息期間を設けているところが多い

    無利息期間を設けている金融機関はそこまで多くありません。

    しかし、大手消費者金融であれば、多くが無利息期間を設けています。
    無利息となる期間は、30日のものが多いです。

    無利息期間を設けている大手消費者金融は下表の通りです。

    金融機関名 無利息期間 公式サイト
    アコム 契約日の翌日から30日間 アコム公式サイト
    アイフル 契約日の翌日から30日間 アイフル公式サイト
    プロミス 初回利用日の翌日から30日間 プロミス公式サイト
    レイクALSA 契約日の翌日から180日間(借入限度額が1~200万円の場合で、借入金額が5万円まで)、契約日の翌日から30日間(全額) レイクALSA公式サイト

    ただし、無利息期間を利用するには、その金融機関のカードローンを初めて利用する以外にも条件があります。

    また、通常の金利も銀行のカードローンよりも比較的高めに設定されているため、利用する際には注意が必要です。

    お金に余裕が出てきたら繰り上げ返済で返済期間を短縮する

    毎月、多めに返済をして利用日数を短縮できれば、利息を抑えられるとお話ししましたが、誰もが実際に実行できるわけではありません。

    そこで、毎月でなくとも、お金に余裕ができたタイミングで繰り上げ返済を積極的に行いましょう。

    繰り上げ返済ができるほどお金に余裕ができるタイミングには、以下のようなものがあります。

    ・ボーナスが入った
    ・副業で給料以外に収入が入った
    ・投資で資産が増えた
    ・借りたはよいが思ったより使わなかった

    などです。自分のタイミングでよいので、積極的に繰り上げ返済を行い利息を抑えましょう。

    良好な利用実績が積めていれば利用限度額を増額する

    カードローンは、利用限度額が高くなるほど、金利が下がる特徴があります。利用限度額を増額し、金利を下げることができれば、増額後の利息を抑えることができます。

    具体的な例として、三井住友銀行カードローンの利用限度額と金利の一覧を紹介します。

    限度額 金利
    100万円以下 年12.0%~年14.5%
    100万円超200万円以下 年10.0%~年12.0%
    200万円超300万円以下 年8.0%~年10.0%
    300万円超400万円以下 年7.0%~年8.0%
    400万円超500万円以下 年6.0%~年7.0%
    500万円超600万円以下 年5.0%~年6.0%
    600万円超700万円以下 年4.5%~年5.0%
    700万円超800万円以下 年4.0%~年4.5%

    ご覧通り、利用限度額を上げるほど金利も下がるので、そこまで多額の借入をするつもりはないが、金利を下げる目的で増額を行う人も少なくありません。

    ただし再度審査を受ける必要がある

    ただし、増額には再度審査を受ける必要があり、審査ではそのカードローンでの利用実績が見られます。

    利用実績とは、そのカードローンで借入れを行い、延滞なく返済できているかなどの情報です。

    一般的なカードローンでは、半年以上の利用実績が求められることが多く、利用後間もない状態では増額に申し込んでも、審査に落ちてしまいます。

    そのため、長期に渡って利用する予定がある人は、初めは良好な利用実績を積みことに専念し、増額を目指してみるのも良いかもしれません。

    まとめ

    カードローンの利息をあらゆる観点からシミュレーションし、利息の計算方法について解説しました。

    利息の仕組みを理解しないまま、カードローンを利用すると、意外にも多くの利息が発生してしまいます。

    しかし、完済までの利息を自分で計算するのは、非常に手間がかかります。
    そのため、この記事のシミュレーション結果を参考にしたり、公式サイトなどのシミュレーションを使って算出してみてください。

    また、利息を抑える方法もいくつかあるので、自分に合った方法で、少しでもお得にカードローンを利用することを検討してみてください。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。