無利息期間があるカードローン一覧と利用をする際の注意点

    Card 003

    無利息期間とは?

    お金を借りられるサービスであるカードローン。一般的にカードローンで借りたお金には金利がかかり、返済する際は利息も支払います。

    そんななか、無利息期間というサービスを提供しているカードローン会社があります。「無利息期間」というのは、一定の期間は金利がかからないというサービスです。

    今回は、カードローン会社が提供する「無利息期間」の仕組みや活用する際の注意点を解説します。会社ごとに特徴が異なるので、概要を把握して自身にあった商品を選びましょう。

    無利息期間内に完済できれば利息は発生しない

    無利息期間内は金利がかかりせん。つまり、その間は利息の支払いが発生しないことを指します。

    無利息期間は会社ごとに異なりますが、一般的には30日間としている会社が多数あります。

    そのため、次のお給料日までお金が足りないという人であれば、借入後すぐに完済をすることで利息の支払いは避けられるのです。

    無利息期間内に完済しなくても利息を減らせる

    無利息期間の恩恵を受けられるのは、何もその期間内に完済できる人だけではありません。無利息期間中の利息を節約できるため、結果として返済する金額が減ります。

    利息は借入残高に対して、金利をかけることで求められます。つまり、追加で借りない限りは、返済が始まる最初の段階は利用残高が多く、利息もかかるのです。

    本来であれば、利息が多いタイミングで、金利がゼロになるため、利息削減の効果が高いのです。無利息期間で多めに返済をすることで、利用残高が減り、のちのち支払う利息も減らせるのです。

    無利息期間があるカードローンの一覧

    無利息期間は、カードローンへ申し込みをした誰もが利用できるわけではありません。

    条件を設定されていることが多く、それを満たさない限りは無利息期間のサービスを受けることはできません。

    以下は、大手のカードローンですが、それぞれ条件が異なります。

    会社 無利息期間 条件
    アコム 契約の翌日
    から30日間
    ・初回利用
    ・返済期日を35日ごとで契約
    プロミス 借入の翌日
    から30日間
    ・初回利用
    ・Eメールアドレスの登録かつWEB明細の利用
    アイフル 契約の翌日
    から30日間
    ・初回利用
    レイクALSA 1.契約の翌日から30日間
    または、2.契約の翌日から借入額5万円まで180日間無利息
    ・初回利用
    2の場合、
    契約額が1~200万円の方
    ノーローン 借入の翌日
    から1週間。
    繰り返し利用可※
    ※完済の翌月、
    新たに借りる際に適用

    1.アコム

    アコム 詳細
    実質年率 3.0%~18.0%
    利用限度額 最大800万円
    審査時間 最短30分
    融資時間 最短1時間※
    無利息期間 契約の翌日から30日間
    無利息期間の条件 ・初回利用
    ・返済期日を35日ごとで契約

    ※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

    消費者金融のアコムは、無利息期間があるカードローンのひとつです。契約をした翌日から30日間が無利息期間になります。

    無利息期間のサービスを受けられる人は、初回利用の方で、「35日ごと返済」で契約をした人のみになります。

    返済の方法が2つあり、毎月決まった日に返済する方法と、新規借入もしくは最後に返済してから35日以内に返済する方法です。無利息期間が適用されるには後者を選択してください。

    毎月決まった日にちに返済をしたいという人は、無利息期間のサービスを受けられません。

    2.プロミス

    プロミス 詳細
    実質年率 4.5%~17.8%
    利用限度額 最大500万円
    審査時間 最短30分
    融資時間 最短1時間※
    無利息期間 借入の翌日から30日間
    無利息期間の条件 ・初回利用
    ・Eメールアドレスの登録かつWEB明細の利用

    ※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

    プロミスのカードローンも無利息期間があります。注目するポイントとしては、借入から30日間が無利息期間だということです。

    借入をしたいタイミングよりも早めに契約をしておきたいという人でも、プロミスであれば無利息期間を効率的に活用できます。

    利用するためには、契約の際にメールアドレスを登録して、WEB明細書を選択する必要があります。

    プロミスを利用すると、利用額や利息を知らせる明細書が書面で送られてきます。これをWEB上で確認できるのがWEB明細書です。

    3.アイフル

    アイフル 詳細
    実質年率 3.0%~18.0%
    利用限度額 最大800万円
    審査時間 最短30分
    融資時間 最短1時間※
    無利息期間 契約の翌日から30日間
    無利息期間の条件 ・初回利用

    ※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

    アイフルのカードローンも無利息期間があります。アイフルを契約するにあたり、無利息期間のサービスを受ける条件は、初回契約だということのみです。

    そのほか特定の条件はありません。無利息期間は契約の翌日から30日間であるため、上手く活用するのであれば、借りるタイミングを見計らって申し込みをするのが良いでしょう。

    4.レイクALSA

    レイクALSA 詳細
    実質年率 4.5%~18.0%
    利用限度額 最大500万円
    審査時間 最短15秒
    融資時間 WEBで最短60分※
    無利息期間 1.契約の翌日から30日間
    2.借入額5万円まで180日間
    無利息期間の条件 ・初回利用
    ※2の場合は契約額1~200万円

    ※21時までに契約手続き完了の方

    レイクALSAの無利息期間は2種類あります。一方が、契約日の翌日から30日間は全額無利息。もう一方が、契約日の翌日から180日間、借入額のうち5万円分が無利息というものです。

    高額な借入で短期間利用したい方は、30日間の無利息期間を選択するのが良いでしょう。一方で、少額の5万円分だけ借入をしたいという方は、180日間の無利息期間を活用してみましょう。

    なお無利息期間内であれば、何度借りても5万円分は金利ゼロになります。つまり、6カ月の間であれば、繰り返し借りても5万円を超えることがなければ利息を支払う必要がないのです。

    5.ノーローン

    ノーローン 詳細
    実質年率 4.9%~18.0%
    利用限度額 最大300万円
    審査時間 最短20分
    融資時間 最短即日融資※
    無利息期間 借入の翌日から1週間
    繰り返し利用可※
    無利息期間の条件 初回借入のみ適用。
    または完済をした翌月以降の新規借入

    ※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

    ノーローンの無利息期間は、借入の翌日から1週間は金利がかかりません。一見、短いように思えますが、実は何度でも無利息期間のサービスを受けることができます。

    一度借入をした金額を完済した場合は、その翌月以降からまた無利息期間のサービスを受けられます。その場合も、借入の翌日から1週間は無利息になるのです。

    7日という短い期間ですが、お給料日前に金欠になるという方には向いています。何度でも無利息期間を受けられるので、長期的に複数回の利用が見込まれる方には良いでしょう。

    借り入れ先の選び方

    無利息期間があるカードローンを選ぶ際は、期間や条件について着目してください。それぞれ、期間や条件が異なります。

    注意しておかないと、申し込みをしたのにも関わらず、メリットを得られないという場合もあります。

    1.無利息の期間に着目

    無利息期間があるカードローンの利用を検討している場合は、無利息である日数がどれくらいなのかに着目してください。

    カードローン会社が提供している無利息期間は、30日程度が一般的です。

    しかし、なかには条件付きで180日間のレイクALSAや、7日間のノーローンといったものもあります。

    2.無利息期間の開始日に着目

    カードローン会社によって、無利息期間が適用される日が異なるので注意してください。

    借入日の翌日から30日間のカードローンや、契約日の翌日から30日間のカードローンがあります。

    契約日の翌日からである場合は、借入をしなくても無利息期間が消化されてしまうので、タイミングを合わせて契約をするのもひとつの手です。

    3.無利息期間のサービスを受けるための条件に着目

    無利息期間のサービスを受けたい人は、カードローンへ申し込みをする前に条件を確認します。

    無利息期間のサービスを受けるには、基本的に新規の契約である必要があります。そのほか、カードローン会社ごとに、別途条件もあるのです。

    例えば、アコムを利用する場合は、返済期日を「35日ごとの返済」にする必要があります。一方でプロミスの場合は、メールアドレスの登録やWEB明細の利用が必要です。

    無利息期間があるカードローンを利用する際の注意点

    無利息期間のサービスを活用しようと考えている人は、あらかじめ仕組みについて把握しておきましょう。

    無利息期間に対する認識が誤っていると、カードローンを利用するうえで、損をしてしまうかもしれません。

    1.無利息期間を過ぎると通常の金利に変わる

    無利息期間が終了すると、通常の金利に切り替わります。通常の金利というのは、契約の際に提示されたものです。

    無利息期間があるからといって、高額な借入をしてしまうと、無利息期間が終了した際に、多くの利息を支払う可能性も出てきます。

    カードローンを利用する際は、本当に必要な分はいくらか、きちんと考えて利用するようにしましょう。

    2.返済遅延をすると無利息期間は中断される

    無利息期間中でも、返済日がある場合は、もちろん返していく必要があります。

    返済に遅れないためにも、借入前にいつが返済日なのか確認をしておきましょう。仮に返済が滞った場合は、無利息期間は終了します。

    返済日の翌日以降から、利息および遅延損害金の支払いを負担することになるので注意してください。

    無利息期間があるカードローンと低金利のカードローンはどっちがお得?

    必ずしも無利息期間があるカードローンを利用することが、利息を節約する唯一の方法ではありません。無利息期間があるカードローン以外にも、低金利であるカードローンも検討してみましょう。

    カードローンの使い方によっては、低金利のカードローンを選んだ方が支払いを抑えられる人もいるのです。

    支払う利息と返済額をシミュレーション

    まずは、無利息期間があるカードローンと低金利のカードローンで、支払う利息がどのくらいになるのかシミュレーションしてみましょう。

    以下、無利息期間がある金利18.0%のカードローンと、無利息期間がない金利14.5%のカードローンを比較してみました。

    利用金額で比較した際のシミュレーション

    無利息期間がある消費者金融のカードローンと、低金利である銀行カードローンで、毎月4,000円の返済をするとした場合、支払額の合計はどう推移するのか検証してみました。

    【条件】
    A:無利息期間アリ18.0%
    B:無利息期間なし14.5%

    借入額 Aの利息合計額(返済回数) Bの利息合計額(返済回数)
    3万円 1,537円(8回) 1,636円(8回)
    5万円 4,794円(14回) 6,424円(14回)
    7万円 10,217円(21回) 9,113円(20回)
    10万円 23,448円(32回) 19,757円(30回)

    参考:レイクALSA
    参考:三井住友銀行カードローン

    それぞれの公式サイトにある返済シミュレーションで利息額を算出してみたところ、借入額5万円程度までは、無利息期間アリのカードローンの方が利息は少ないということになりました。

    無利息期間があるカードローンに向いている人

    無利息期間があるカードローンに向いている人は、少額で短期間の利用をしようと考えている人です。

    「数日で収入を得られるが、現在お金がない」という人は、無利息期間内に完済をすることで利息の支払いが発生しません。

    無利息期間内に完済ができなくても、少額借入で短期の利用という方であれば、支払額を減らせるでしょう。

    無利息期間があるカードローンに向いていない人

    カードローンで高額な借入をして、長期の返済をしようと考えている人は、無利息期間のみに着目するのは避けた方がよいかもしれません。

    具体的には、金利に着目するのが良いでしょう。無利息期間があったとしても、それが終了してしまえば、支払う利息は金利に基づくためです。

    低金利であれば良いとは一概には言えませんが、利息に関して考慮するのであれば、選択肢のひとつとして検討してみてください。

    まとめ

    カードローン会社によっては、無利息期間のサービスを提供しています。条件を満たすことで、一定の期間は金利がかかりません。

    この無利息期間を活用することで、利息の支払いをゼロにする、もしくは減らすことができるでしょう。

    ただし、無利息期間があるからといって、高額な借入をするのは避けてください。無利息期間が終了してしまえば、借入額に応じた利息がかかってしまうためです。

    無利息期間の日数や開始日、適用されるための条件は各社異なるため、申し込み前に確認しておくのが良いでしょう。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。