法人カードローンのメリット・デメリットと他の融資方法との違いを解説

    %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9

    金融機関から融資を受ける方法には様々なものがありますが、その中でも法人カードローンは他の融資方法と比較して少し特殊な仕組みとなっています。

    そのため、法人カードローンに関する情報をもとに、最適な融資方法なのかを見極めたいという人は多いのではないでしょうか。

    法人カードローンにはどのような特徴があるのか?また、他の融資方法と比較してどのように異なるのかを解説します。

    法人カードローンとは?

    法人カードローンとは、法人の代表や個人事業主向けの融資方法です。

    借入れ方法には、キャッシュカード型のローン専用カードを使ってATMから現金を借入れする方法だけでなく、指定した銀行口座に振り込んでもらう方法があります。

    返済は分割で行っていくことがメインとなりますが、繰り上げ返済でも可能です。

    利用限度額の範囲内で何度でも借入れができるサービス

    法人カードローンは、一般的な銀行融資のように一括で借入れをする仕組みではありません。

    審査で利用限度額を決定し、その範囲内で何度も借入れができるサービスです。

    利用限度額いっぱいまで借入れしたとしても、返済をして利用限度額を空ければその分を再度借入れができます。

    資金使途は事業資金に限られる

    法人カードローンで借入れした資金は、事業に利用する目的でしか利用ができません。

    事業資金の種類には、事業を始めるための開業資金、パソコンや不動産登記費用などの設備資金、人件費や水道光熱費などの運転資金が該当します。

    そのため、生活費に充てる目的で法人カードローンを利用できないため注意が必要です。

    個人向けのカードローンは事業資金には利用できない

    法人カードローンとは別に、個人向けのカードローンがあります。

    個人向けカードローンの利用方法は法人カードローンと差はありませんが、個人向けカードローンは事業資金に利用することができません。

    生活費として利用したいという場合は、個人向けカードローンに申し込みをするようにしましょう。

    法人カードローンを利用する2つのメリット

    法人カードローンの利用を検討する前に、メリットを確認しておきましょう。

    メリットを確認したうえで、自分に適しているかどうかを考えてみてください。

    メリット1:早ければ即日融資が可能

    法人カードローンの大きなメリットは、即日融資が可能であることです。

    法人カードローンは審査時間が最短で60分で完了します。融資までのスピードが早いため、緊急でまとまった資金を用意しなければならない場合に適しています。

    メリット2:基本的に担保・保証人なしで利用できる

    金融機関の一般的な融資では、担保・保証人をつけることが求められます。
    うかつに担保・保証人を付けてしまうと、他の融資を受ける際に融資額に影響が出ます。

    しかし、法人カードローンでは基本的に担保・保証人なしで利用できます。

    担保・保証人が不要となればそのための書類を用意する必要がないので、手続きもスムーズに進めることができます。

    ただし、法人が利用する場合、商品によっては法人代表者が保証人となる場合があるので、注意が必要です。

    メリット3:何度も審査を受ける必要がない

    金融機関の一般的な融資では、融資を受ける度に審査など手続きが必要です。

    しかし、法人カードローンは一度利用限度額を設定すると、借入れの度に審査を受ける必要がありません。

    ただし、利用限度額を増額する場合には再度審査を受ける必要があります。

    法人カードローンを利用すると生じる2つのデメリット

    法人カードローンはメリットが魅力的に感じられるかもしれませんが、デメリットもあります。

    メリットが多いからといって法人カードローンを利用すると、思わぬ形で損をする可能性もあるので、ここで確認しておきましょう。

    デメリット1:金利が高い

    法人カードローンのデメリットとして、一番に挙げられるのは金利の高さです。

    具体例として、主な金融機関の法人カードローンの金利表で紹介します。

    商品名 金利 公式サイト
    ビジネクスト 年5.0%~年18.0% ビジネクスト カードローン 公式サイト
    オリックス・クレジットVIPローンカード BUSSINESS 年6.0%~年17.8% オリックス・クレジットVIPローンカード BUSSINESS 公式サイト
    プロミス 自営者カードローン 年6.3%~年17.8% プロミス 自営者カードローン公式サイト

    ご覧の通り、法人カードローンの上限金利の相場は18%程度です。
    金利が高めに設定されているは、基本的に担保・保証人なしで提供していることで、貸し倒れのリスクがあるためです。

    もちろん、金利設定に幅がありますので、上限の金利よりも低い金利で利用できる場合もあります。

    しかし、必ずしも低い金利で利用できるわけではないことは理解しておいてください。

    少額の資金を短期間の内に返済することを前提にして、利用することをおすすめします。

    デメリット2:借りられる金額が比較的少ない

    2つ目のデメリットは、利用限度額の上限が低いことです。

    ここでも、主な金融機関の法人カードローンで設定されている上限の利用限度額を紹介します。

    商品名 利用限度額 公式サイト
    ビジネクスト 1万円~1,000万円 ビジネクストカードローン公式サイト
    オリックス・クレジットVIPローンカード BUSSINESS 50万円~500万円 オリックス・クレジットVIPローンカード BUSSINESS
    プロミス 自営者カードローン 300万円まで プロミス 自営者カードローン

    ご覧の通り、利用限度額は最高でも1,000万円となっています。

    また、表に示した利用限度額はあくまで上限であり、実際にいくらの利用限度額が設定されるかは審査次第です。

    比較的少額な運転資金などであれば、法人カードローンで賄うことも可能かもしれませんが、高額な設備資金を用意する場合などには、不向きといえます。

    法人カードローンと4つの融資方法を比較

    法人カードローンのメリットとデメリットを踏まえた上で、他の融資方法とどこが異なるのかを確認しておきましょう。

    他の融資方法との違いを確認し、本当に法人カードローンが自分にとって最適であるかを検討してみてください。

    1:銀行融資と比較

    まずは、法人や個人事業主が融資を受ける際に一般的に利用される銀行融資と比較してみます。

    銀行融資では事業の状況にもよりますが、審査次第で高額の融資を受けることが可能です。

    また、融資額や金利などについても、担当者との交渉である程度融通が利くこともあります。

    では、法人カードローンとはどのような点で異なるのかを解説します。

    法人カードローンよりも金利が低い

    銀行融資は法人カードローンに比べて、はるかに低い金利で借入れをすることができます。

    具体的にいくらの金利が設定されるかは、個々の銀行次第ではありますが、融資に対する平均金利は日本銀行から公表されています。

    2019年5月の融資における平均金利は、借入期間が1年以内の短期では0.692%、借入期間が1年以上の長期であれば0.753%です。
    貸出約定平均金利の推移(2019年5月)

    法人カードローンの金利の相場は上限で18%程度なので、はるかに非常に低金利であるといえます。

    銀行融資を受けられる状況にあり、できるだけ利息を抑えたいという人はまず銀行融資から検討するとよいでしょう。

    銀行融資は借入れの度に審査が発生する

    ご存じの方もいるかもしれませんが、銀行融資では借入れをする度に審査などの手続きを踏む必要があります。

    審査では決算書などを求められますが、年度単位ではなく、四半期単位で決算書を求められることもあるので、書類を用意する手間もあります。

    一方で、法人カードローンは一度審査に通ればいつでも借入れられるため、その点では法人カードローンの方が利便性は高いと言えます。

    銀行融資の場合は借入れまでに2週間以上かかる

    銀行融資の欠点としてあげられるのが、融資までの期間の長さです。

    資金が必要になったからといって、その日に融資を受けられるわけではありません。

    審査には一般的に2週間程度かかり、審査の進捗によっては1カ月~1カ月半ぐらいまでかかることもあります。

    そのため、緊急時に利用できるとは言い難く、融資までのスピードでは法人カードローンが適していると言えます。

    2:ビジネスローンと比較

    ビジネスローンとは、主に中小企業や個人事業主向けの事業性ローンです。

    基本的に無担保で利用でき、審査にはスコアリングシステムを採用していると言われています。

    スコアリングシステムとは、決算書などと統計データにもとに借入希望者の信用を数値化することで融資をするか判断します。

    そのため、融資までの時間は即日とはいきませんが、早ければ翌営業日に融資を受けることが可能です。

    そんなビジネスローンと法人カードローンとの間には、どのような違いがあるのかをここで解説します。

    ビジネスローンは借入れの度に審査が発生する

    ビジネスローンは法人カードローンとは異なり、利用限度額の範囲内で何度も借入れができる仕組みではありません。

    銀行融資と同様、融資を受ける度に審査を受ける必要があり、書類の用意などに手間がかかってしまいます。

    法人カードローンと同じく融資額が低い

    ビジネスローンも法人カードローンと同じく、法人が利用するには低めの利用限度額であるのがデメリットと言えます。

    主な金融機関のビジネスローンの利用限度額は下表の通りです。

    商品名 利用限度額 公式サイト
    ビジネクスト ビジネスローン 50万円~1,000万円 ビジネクスト ビジネスローン公式サイト
    ビジネスパートナー スモールビジネスローン 50万円~500万円 ビジネスパートナー スモールビジネスローン公式サイト
    日本保証 ビジネスローンエール500 50万円~500万円 日本保証 ビジネスローンエール500
    オリコビジネスサポートプラン(証書貸付プラン) 100万円~1,000万円 オリコビジネスサポートプラン公式サイト
    東京スター銀行 スタークイックビジネスローン 10万円~1,000万円 東京スター銀行 スタークイックビジネスローン
    みずほ銀行スマートビジネスローン 10万円~1,000万円 みずほスマートビジネスローン公式サイト

    ご覧の通り、利用限度額の上限は500万円や1,000万円までのものが多いです。

    そのため、やはり高額の融資を受けたいという人には不向きであると言えます。

    法人の場合は代表者が保証人になる必要がある

    ビジネスローンでは、法人が利用する場合には法人の代表者が保証人になる必要があります。

    他の融資ですでに保証人となっている場合には、ビジネスローンでの融資額に影響が出る場合があります。

    また、代表者以外の人が保証人になることができないことに注意が必要です。

    金利は法人カードローンと変わらない

    ビジネスローンの金利は、法人カードローンと同じく高めに設定されていることに注意が必要です。

    主な金融機関のビジネスローンの金利は下表の通りです。

    商品名 金利 公式サイト
    ビジネクスト ビジネスローン 年3.1%~年18.0% ビジネクスト ビジネスローン公式サイト
    ビジネスパートナー スモールビジネスローン 年9.98%~年18.0% ビジネスパートナー スモールビジネスローン公式サイト
    日本保証 ビジネスローンエール500 年9.8%~年18.0% 日本保証 ビジネスローンエール500
    オリコビジネスサポートプラン(証書貸付プラン) 年6.0%~年15.0% オリコビジネスサポートプラン公式サイト
    東京スター銀行 スタークイックビジネスローン 年4.8%~年7.6% 東京スター銀行 スタークイックビジネスローン
    みずほ銀行スマートビジネスローン 年1%台~年14% みずほスマートビジネスローン公式サイト

    中には金利が低めに設定されたビジネスローンも存在しますが、多くのビジネスローンは法人カードローン並みの金利です。

    また、初めから低い金利で利用できるわけではないので、緊急度が高く早期に完済できる見通しがある場合に利用することがおすすめです。

    3:不動産担保ローンと比較

    不動産担保ローンとは、所有している建物や土地を担保にして、融資を受ける方法です。

    融資を受けられる金額は、担保に差し入れた建物や土地の価値によって決まります。

    では、法人カードローンと不動産担保ローンでは、どのような違いがあるのかここで解説します。

    法人カードローンよりは金利が低い

    不動産担保ローンは、担保・保証人が不要な法人カードローンに比べて金利が低いことが特徴です。

    主な金融機関の不動産担保ローンの金利は下表の通りです。

    金融機関名 金利 公式サイト
    セゾンファンデックス 変動金利:年2.65%~年3.65%、固定金利:年5.8%~年9.9% セゾンファンデックス公式サイト
    三井住友トラスト・ローン&ファイナンス不動産活用ローン 年3.90%~年7.40% 三井住友トラスト・ローン&ファイナンス不動産活用ローン公式サイト
    SBIエステートファイナンス不動産担保ローン 長期融資:年2.90%~年9.50%、短期融資:年3.50%~年8.50% SBIエステートファイナンス不動産担保ローン公式サイト
    日宝不動産活用ローン 年4.0%~年9.9% 日宝不動産活用ローン公式サイト
    アイフル不動産担保ローン 事業サポートプラン 年3.0%~年12.0% アイフル不動産担保ローン 事業サポートプラン公式サイト
    ビジネスパートナー 不動産担保フリーローン 年2.50%~年9.50% ビジネスパートナー 不動産担保フリーローン
    日本保証 事業者向け不動産担保ローン 年5.0%~年18.0% 日本保証 事業者向け不動産担保ローン

    ご覧の通り、不動産担保ローンは法人カードローンよりも低い金利を設定されています。

    ただし、金利は融資額や借入期間によって異なることに注意が必要です。

    返済できないと不動産を失う可能性がある

    不動産担保ローンは、不動産の価値を評価して融資を行うため、万が一、返済できなくなってしまった場合は、担保に差し入れた不動産を失うことになります。

    引き取られた不動産は、競売にかけられて換金されることで、金融機関は融資額を回収することになります。

    保証人が不要な法人カードローンに比べて、保証人に関するリスクはありませんが、大切な資産を失う可能性もあるので利用する際は、そのリスクを考慮する必要があります。

    4:資本性ローンと比較

    資本性ローンとは、日本政策金融公庫が提供している融資方法です。

    項目 詳細
    商品名 挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)
    融資限度額 4,000万円
    返済期間 5年1カ月~15年
    担保・保証人 不要
    利用条件 新規開業資金、女性、若者/シニア起業家支援資金、再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)、新事業活動促進資金、中小企業経営力強化資金、食品貸付、一般貸付、海外展開・事業再編資金、事業承継・集約・活性化支援資金、企業再建資金、生活衛生新企業育成資金、生活衛生企業再建資金のいずれかに利用すること。
    その他の利用条件 地域経済の活性化にかかる事業を行うこと。税務申告を1期以上行っている場合、原則として所得税等を完納していること。

    新しく事業を拡大していく場合など、経済の活性化を促す目的で設定されたローンです。

    利用するには様々な条件があれば、利用できれば低金利で利用できます。

    また、資本性という言葉から、借入れして5年~15年は返済する必要がなく、金融検査上は資本とみなされることが特徴です。
    ただし、決算書上は負債とみなされることには注意が必要です。

    では、そんな資本性ローンと法人カードローンには、どのような違いがあるのかをここで解説します。

    業績によって金利が変動する

    資本性ローンは法人カードローンだけでなく、他の融資方法と大きく異なる点は、業績によって金利が変動することです。

    前年度の業績が良いと金利が高くなり、業績が悪化していると金利が低くなります。

    具体的に、どのように金利が変動するのかを確認してみます。

    売上高原価償却前経常利益率 金利
    5%超 5.30%~6.20%
    0%以上5%未満 3.15%~3.60%
    0%未満 1.00%

    ご覧の通り、売上高から減価償却費を差し引く前の経常利益率によって金利が変動します。

    金利に幅があるのは、借入期間も金利が変わる要因になるためです。借入期間が長いと、その分金利も高くなります。

    ただし、金利は最高でも6.20%ですので、法人カードローンよりははるかに低い金利であると言えます。

    返済期限が来ると一括返済しなければならない

    資本性ローンは返済期限が長く設定されており、返済期限までは利息のみを支払うことになります。

    しかし、返済期限が来ると分割ではなく一括で返済をする必要があります。

    そのため、返済期限までにしっかりと業績を上げると同時に、一括で返済ができる準備も行っていく必要があります。

    法人カードローンを比較するときに確認しておきたいポイント

    他の融資方法と比較したうえで、法人カードローンを利用したいと考えている人もいるかと思われます。

    そこで、最後に法人カードローンを比較する際に確認しておきたいポイントについて解説します。

    契約は来店不要かを確認しておく

    商品によっては法人カードローンを契約するのに、金融機関へ来店が必要な場合があります。

    事業が忙しく、なかなか金融機関へ来店する時間が取れないという人も少なくないと思われるので、来店不要でも契約手続きができるかを確認しておきましょう。

    来店不要で契約手続きを行う場合は、郵送やインターネットから申し込みや必要書類の提出を行うことになります。

    提携ATMの多さなど利便性の高さを確認しておく

    法人カードローンによっては、現金を借入れできるATMが限られている商品があります。

    いざというときに借入れができるようにするために、コンビニATMでも利用可能かどうかを確認しておきましょう。

    また、法人カードローンによっては優待サービスが設けられている商品もあります。

    まとめ

    法人カードローンは、他の融資方法に比べて即日融資が可能であることや担保・保証人が基本的に不要であるメリットがあります。

    しかし、一方で金利が高いことや利用限度額が少額であることがデメリットとして挙げられます。

    他の融資方法と比較を行い、本当に法人カードローンを利用すべきかどうかを検討してみてください。

    また、法人カードローンを利用すると決めた際には、来店不要で手続きができるか、その他利便性の高い商品であるかを確認して、申し込みをするようにしましょう。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。