横浜銀行カードローンの借入限度額によって変動する金利

    Card

    横浜銀行カードローンの金利は1.5%~14.6%

    「Afresh(あなたに、あたらしく。)」の理念のもと、私たちに充実したサービスを提供してくれている横浜銀行。

    「横浜銀行カードローン」は横浜銀行の商品の1つです。お金を借りるという大事な時にこそ、信頼できる街の銀行のカードローンを利用したいですよね。

    そんなときに注意しなくてはならないのが「金利」です。
    金利とは、借入れした金額に対する利息の割合を示すもので、借りたお金を返済する際の重要な検討項目です。

    計画的な利用ができるよう、横浜銀行カードローンの金利について解説します。

    金利は借入限度額によって変動する

    借入限度額 金利
    100万円以下 年14.6%
    100万円超200万円以下 年11.8%
    200万円超300万円以下 年8.8%
    300万円超400万円以下 年6.8%
    400万円超500万円以下 年4.8%
    500万円超600万円以下 年4.5%
    600万円超700万円以下 年4.0%
    700万円超800万円以下 年3.5%
    800万円超900万円以下 年3.0%
    900万円超1,000万円未満 年2.5%
    1,000万円 年1.5%

    参考:横浜銀行公式HP

    横浜銀行カードローンの金利は、申込者の借入限度額によって変動します。高い限度額で借入することができる人(支払い能力が高いと判断された人)ほど、低い金利で借入することができます。

    ただし銀行との信頼関係が十分でない初回の借入時には、最大の14.6%が適用されることが多いようです。

    銀行カードローンの金利相場

    横浜銀行カードローンの金利は高いか安いか比較するため、ほかの銀行カードローンの金利をまとめて確認してみましょう。

    銀行名 金利
    横浜銀行カードローン 1.5~14.6%
    みずほ銀行カードローン 2.0~14.9%
    三菱UFJ銀行「バンクイック」 1.8~14.8%
    三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
    神奈川銀行「かなぎんカードローン 4.9~14.5%
    スルガ銀行カードローン 3.9~14.9%
    静岡銀行カードローン 4.0~14.5%
    じぶん銀行カードローン 2.2~17.5%

    このように銀行カードローンの金利の相場は15%です。
    横浜銀行カードローンの金利は、平均的であることがわかりますので、安心して申し込みをすることができますね。

    消費者金融カードローンの金利

    どこのカードローンを利用するか検討をする際、銀行カードローンと比較されるものに消費者金融カードローンがあります。
    参考までに消費者金融カードローンの金利をご紹介します。

    消費者金融 金利
    アコム 3.0~18.0%
    プロミス 4.5~17.8%
    モビット 3.0~18.0%

    このように、消費者金融カードローンの最大金利の相場は18%前後となっています。
    消費者金融カードローンよりも低い金利で借入できることも、銀行カードローンの魅力のひとつであるといえます。

    金利を下げることはできるのか

    ここまで、ほかの銀行などの金利と比較しながら横浜銀行カードローンの金利について紹介をしました。同じ金額を借入れするならば、なるべく低い金利で借入できるほうが良いですよね。

    しかしながら、原則として金利だけを下げるということは現実的にはほとんどありません。
    これまでの利用実績などに応じて銀行との信頼関係のもとで金利が見直される場合があります。

    利用限度額を増額する

    先にも述べたとおり、金利は借入限度額に応じて変動します。銀行は、金利から利益を創出するため、利用限度額が低いまま金利だけを下げてもらえるという可能性は限りなく低いです。そのため、利用限度額の増額を交渉することで、金利の引き下げができないか検討しましょう。

    ただし利用限度額の増額には、それまでの良好な利用実績が必要となりますので、初回借入時は、銀行から提示される金利での借入れが現実的です。

    利息とは

    横浜銀行のようにお金を貸した側が、お金を借りた人に対して元金にプラスして受け取るレンタル料のようなもののこといいます。
    利息を返すことができないと、延滞につながってしまいますので、借り入れをする際には、金額と日数、借入の利率を明確に理解しましょう。

    実際に借入れしたあとで、「毎月いくら返していけば良いのか」を把握することはとても重要です
    まずは、借入れしたい金額と借入れする日数、金利から利息を計算しましょう。

    利息の計算方法

    利息の計算方法は次のようになっています。

    借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息

    利息計算の例

    それでは実際に2つのパターンで利息を計算してみましょう。

    パターン1: 3万円を30日間利用した場合(金利14.6%として)

    3万円 × 0.146 ÷ 365 × 30 = 360円

    金利は、横浜銀行の最大金利を適用しています。3万円を30日間で借入した場合の利息は360円になります。

    パターン2: 50万円を30日間利用した場合(金利14.6%として)

    50万円 × 0.146 ÷ 365 × 30 = 6000円

    同様の金利と借入れ日数で、50万円を借入れした場合の利息は6000円にもなります。このように、借入れ金額が増えると利息の額も増えることがわかります。

    返済額について

    元金や、利息など毎月の返済額は間違いがないように算出したいものです。
    毎月確実な返済をするためにシミュレーションの利用が便利です。

    返済金額を計算

    毎月の返済金額を計算します

    借り入れする
    金額
    千円
    金利 %
    完済までの期間 ヶ月

    {{ error }}

    返済期間を計算

    完済までの期間を計算します

    借り入れする
    金額
    千円
    金利 %
    毎月の返済額 千円

    {{ error }}

    横浜銀行カードローンの定例返済額

    横浜銀行をはじめ、多くのカードローンでは定例返済額といった毎月の最低返済額が決められています。

    前月の定例返済後の支払い残高 定例返済額
    2千円以下 前月返済後の支払い残高 
    2千円超10万円以下 2,000円
    10万円超20万円以下 4,000円
    20万円超30万円以下 6,000円
    30万円超40万円以下 8,000円
    40万円超50万円以下 10,000円
    50万円超100万円以下 15,000円
    100万円超150万円以下 20,000円
    150万円超200万円以下 25,000円
    200万円超250万円以下 30,000円
    250万円超300万円以下 35,000円
    250万円超300万円以下 35,000円
    300万円超350万円以下 40,000円
    350万円超400万円以下 45,000円
    400万円超450万円以下 50,000円
    450万円超500万円以下 55,000円
    500万円超600万円以下 60,000円
    600万円超700万円以下 65,000円
    700万円超800万円以下 70,000円
    800万円超900万円以下 75,000円
    900万円超1,000万円以下 80,000円
    1,000万円超 85,000円

    これらの最低返済額には、利息が含まれていますので、どうしてもピンチで返済に多くのお金を充てることができないという月にも、これらの決められた金額を返済できれば、延滞になることはありません。
    金利のほかに、最低返済額が低さにも注目すると、無理のない利用をすることができます。

    ただし、これらの最低返済額の内訳の多くは利息となりますので最低返済額だけを支払い続けていても元金は少しずつしか減少しないため、返済期間の長期化を招きます。

    利息は、返済期間によって変動するため、返済期間が長くなるということは、結果として利息を多く支払うこととなり損をしてしまいます。

    損をしないために繰上げ返済をする

    横浜銀行をはじめとする多くのカードローン会社では、毎月の決められた日以外にも支払いをすることのできる随時支払うことのできる体制が整えられています。

    横浜銀行では、横浜銀行のATM、インターネットバンキング(はまぎんマイダイレクト)で随時、元金の返済をすることが可能です。

    返済には横浜銀行の口座が必要になります。口座がなくても申し込みはできますので、借入れをするする際には、返済までに横浜銀行の口座を開設しておきましょう。

    申し込みの手続きは以下の流れで進みます

    1. 申込み
    2. 審査
    3. 審査結果の連絡
    4. ご契約手続き
    5. カード発行・利用開始

    申込の方法には2つあります

    横浜銀行カードローンの申し込みの方法には、通常申込みとインターネット申込みの2つがあり、自分の状況に合わせた申し込み方法を選択することができます。

    通常申込み

    横浜銀行に口座を持っていない場合でも申し込みすることができる方法です。転倒のリーフレット兼申込書に必要事項を記載し、郵送又はFAXで申し込みをすることができます。

    インターネット申込み

    横浜銀行に口座を持っていれば、インターネットで申し込みを完了させることが可能です。

    通常の申込み方法でもインターネット申込みの場合でも、共通してどちらも申込み後に所定の審査がおこなわれ、その後契約という流れになります。

    申込みの方法に関する詳細は、公式HPでご確認ください。

    まとめ

    横浜銀行カードローンの金利は、ほかの銀行と比較しても平均的です。
    カードローンを利用する際には、金利のほかにも借入限度額や毎月の最低返済額など比較できる点が多くありますので、無理のない利用をしましょう。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。