名古屋銀行カードローン申し込み方法と審査に通過するポイント

    Card6

    愛知県名古屋市に本店を構える、名古屋銀行のカードローンサービスについて。

    カードローンサービスを使えば、困った時でも手軽にATMでお金を借りることができます。

    しかし、カードローンの利用には審査に通過する必要があります。それに加えて、申し込みの方法、借り入れの方法、返済の計画や方法についても事前に理解しておく必要があります。

    今回は名古屋銀行のカードローンサービスについて紹介しますので、参考にしてみてください。

    名古屋銀行カードローンの特徴

    名古屋銀行は「未来創造業」をスローガンとして掲げています。そんな名古屋銀行の提供しているカードローンサービスの内容についてまずは見ていきます。

    商品名 名古屋銀行カードローン
    金利(実質年率) 2.9~14.5%
    限度額 10万円~1000万円
    融資期間 1年間(自動更新)
    使いみち 自由
    返済方式 残高スライドリボルビング方式
    担保・保証人 不要

    ▶ご利用可能な方
    ・愛知県、岐阜県の名古屋銀行取扱店の営業区域内に居住、または勤務(営業)先がある方
    ・ご契約時の年齢が満20歳以上、満69歳以下の方
    ・ご自身または配偶者に継続的で安定した収入のある方
    ・名古屋銀行指定の保証会社の保証を受けられる方

    名古屋銀行の口座は不要

    銀行カードローンでは、その銀行の口座を持っていないとカードローンサービスが使えないというケースがありますが、名古屋銀行の口座を持っていない人でもカードローンサービスは利用可能です。

    新しく銀行口座を作る場合には、数日の時間を要するケースがほとんどですので、この点は大きなメリットと言えるでしょう。

    来店不要で申し込み可能

    名古屋銀行カードローンでは、申し込み~契約まで来店不要にて進めることができます。

    WEBからの申し込みは24時間可能。銀行営業時間に電話でのやりとりは必要になりますが、忙しい人には向いているカードローンサービスと言えそうです。

    金利・限度額など大手と遜色ない

    ご利用限度額 金利(実質年率)
    10万円~50万円 14.5%
    60万円~100万円 12.5%
    110万円~200万円 9.5%
    210万円~400万円 6.5%
    410万円~700万円 4.5%
    710万円~1,000万円 2.9%

    カードローンの利用を検討している人の多くは「他のカードローンと比較してどうなのか」という点が気になっている事でしょう。

    結論から言って名古屋銀行カードローンのサービス内容は、他の銀行カードローンや消費者金融系カードローンと比べても、全く引けを取りません。

    名古屋銀行カードローン

    金利:2.9~14.5%
    限度額:1000万円
    口座開設:不要
    最低返済額:2,000円~

    みずほ銀行カードローン

    金利:2.0~14.0%
    限度額:800万円
    口座開設:必要
    最低返済額:10,000円~

    三井住友銀行カードローン

    金利:4.0~14.5%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:2,000円~

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    金利:1.8~14.6%
    限度額:500万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    楽天銀行スーパーローン

    金利:1.9~14.5%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:2,000円~

    アコム

    金利:3.0~18.0%
    限度額:800万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    プロミス

    金利:4.5~17.8%
    限度額:1~500万円
    口座開設:不要
    最低返済額:1,000円~

    アコムやプロミスといった消費者金融は、融資までの早さをウリにしているので、その分だけ上限金利が少し高めに設定されています。

    それ以外の大手の銀行カードローンサービスとは、スペック的にほぼ変わらないと考えて良いでしょう。すでに名古屋銀行の口座を持っている人はもちろん、活動エリアに名古屋銀行がある人には、比較的向いていると言えそうです。

    名古屋銀行カードローンの申し込み方法

    名古屋銀行カードローンの申し込みには3つの方法が準備されています。こちらも大手銀行カードローンのサービスと比べて大差はありません。

    【1】WEB申し込み

    もっともベターな方法と言えるのが、このWEB申し込み方法です。実際、多くの人がこちらの申し込み方法を利用しています。

    WEB上で必要事項を入力し、必要書類もWEBアップロード。電話確認などがありますが、基本的には来店不要で全ての手続きを済ませることができます。

    1. WEBで必要事項を入力
    2. 電話確認
    3. 審査
    4. 審査通過後にWEB上で書類提出・契約
    5. 郵送でカードが届き利用可能に

    【2】来店して窓口で申し込み

    こちらも最初の申し込みはWEB上でおこない、契約時に銀行の窓口まで行ってカードをその場で受け取るという方法です。

    郵送にてカードが届くのを避けたいという人には、こちらの申し込み方法がおすすめです。

    1. WEBで必要事項を入力・書類アップロード
    2. 電話確認
    3. 審査
    4. 審査通過後に来店
    5. 契約書・カードを受け取り利用可能に

    【3】FAX/郵送申し込み

    名古屋銀行の公式サイトから、申込書をダウンロードすることができるので、それを郵送もしくはFAXで送付することで申し込みが可能です。申込書は名古屋銀行のATMコーナーにも設置してあります。

    こちらの場合は記入漏れやミスがあると、1度返送されて再提出という羽目になってしまいますので、ミスのないように注意しましょう。

    直接書類を送っても問題ありませんが、公式サイト上で簡単申し込みをすると、担当者より電話がかかってきて手続きをレクチャーしてくれます。

    1. 公式サイトやATMで申込書を入手
    2. 書類を記入して送付
    3. 審査
    4. 審査通過後、来店もしくは郵送で契約書・カードを受け取り利用可能に

    名古屋銀行カードローンの審査について

    カードローンでお金を借りるには、例外なく「審査」を受けて通過しなければなりません。

    カードローンの審査を不安だと感じている人は多いかと思いますが、事前に審査についてのポイントを理解しておきましょう。

    【前提】申し込み条件を満たしているかどうか

    まずは名古屋銀行カードローンの利用条件を満たしている必要があります。以下の条件を満たしていない人は、そもそも審査どころか申し込みができません。

    ▶ご利用可能な方
    ・愛知県、岐阜県の名古屋銀行取扱店の営業区域内に居住、または勤務(営業)先がある方
    ・ご契約時の年齢が満20歳以上、満69歳以下の方
    ・ご自身または配偶者に継続的で安定した収入のある方
    ・名古屋銀行指定の保証会社の保証を受けられる方

    【参考】名古屋銀行カードローン公式サイト

    年齢と地域の条件を満たしていないと申し込みができないので、該当しない方は他のカードローンサービスの利用を検討しましょう。

    保証会社は「セディナ」

    保証会社になっているのは「株式会社セディナ」です。ご存知の人も多いかもしれませんが、全国的に有名なクレジット・信販会社で、「セディナカード」などが有名です。

    セディナは言うまでもなくローン・分割払いをはじめとするお金のプロフェッショナルなので、決して甘い審査はおこないません。

    申し込み者の返済能力を見極める

    審査で行っていることは、申し込み者の返済能力の見極めです。申し込みをした人が毎月いくらまでなら返済に充てられるのかを判断します。その返済能力に見合った、借り入れ可能額を審査で決めるのです。

    現時点で収入が安定していない人や、他社からの借り入れが多い方は注意しましょう。申し込みをしても「新規借り入れ対する返済余力がない」とみなされれば、審査に落ちてしまいます。

    申し込み者の信用情報が確認される

    金融機関が取り扱うカードローンの審査では信用情報が確認されます。信用情報というのは、個人のお金に関する取引記録です。各種ローンやクレジットカードの利用履歴が記録されています。

    もしこの記録に、「返済に遅れた」という情報があると、審査に落ちてしまう可能性があります。過去に思い当たる節がある人は注意しましょう。

    勤務先への在籍確認もおこなわれる

    申し込み者の返済能力を確かめる方法として、勤務先への在籍確認というものがあります。

    具体的には銀行側(保証会社側)が勤務先に電話をかけ、申し込み者が本当に在籍しているかどうかを確かめるのです。これは重要な工程なので、基本的には省くことはできません。

    ただし、担当者はカードローンの利用だとは告げませんし、申し込み者がその場に居ても居なくても成立しますので、変にアタフタせずに堂々を乗り切りましょう。

    名古屋銀行カードローンの借り入れ方法

    審査に通過することができたら、定められた限度額までは自由にお金を借りることができます。ご自身の必要な分だけのお金を計画的に借りましょう。

    カードを使ってATMで借りる

    契約後には、店頭もしくは郵送でカードを受け取ることとなります。基本的にはこのカードを使って、ATMでお金を借りるという方法になります。

    ▶利用可能なATM一覧
    ・名古屋銀行ATM
    ・セブン銀行ATM
    ・ローソン銀行ATM
    ・E-net
    ・愛知銀行
    ・十六銀行
    ・百五銀行
    ・イオン銀行
    ・ゆうちょ銀行 など

    ATMでお金を借りる場合は、曜日や時間によって所定の手数料が発生する場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

    インターネットバンキングでも借り入れ可能

    事前に名古屋銀行のインターネットバンキング(bankstage)を契約しておけば、WEB上で借り入れ・返済・残高確認・返済日確認などをすることができるようになります。

    日常的にネットバンキングを使っている人や、ATMへ行く時間がないくらい忙しい人は、活用を検討してみてはいかがでしょうか?

    名古屋銀行カードローンの返済方法

    カードローンサービスを利用して借りたお金は、期日までに決められた額を返済しなければなりません。返済に遅れてしまったり、所定の額を返済できなかったりした場合は、滞納扱いとなってしまうため注意が必要です。

    返済額は残高に応じて決まる

    お借入残高 約定返済額
    1~1,999円 お借入金額
    2,000~100,000円 2,000円
    100,001~200,000円 4,000円
    200,001~300,000円 6,000円
    300,001~400,000円 8,000円
    400,001~500,000円 10,000円
    500,001~600,000円 12,000円
    600,001~700,000円 14,000円
    700,001~800,000円 16,000円
    800,001~900,000円 18,000円
    900,001~1,000,000円 20,000円
    1,000,001~2,000,000円 30,000円
    2,000,001~4,000,000円 40,000円
    4,000,001~5,000,000円 50,000円
    5,000,001~6,000,000円 60,000円
    6,000,001~7,000,000円 70,000円
    7,000,001~8,000,000円 80,000円
    8,000,001~9,000,000円 90,000円
    9,000,001円~ 100,000円

    一般的にカードローンの最低返済額は、現時点で借りている額に応じて変わります。名古屋銀行の定めている残高に応じた返済額は上記の通りです。

    前月末のお借入残高に応じた約定返済額を、月末日までに返済する必要があります。

    返済方法はATMかネットバンキング

    借り入れ方法と返済方法は基本的に同じで、提携のATMもしくはネットバンキングを使っての方法になります。

    月末までに返済する必要があるので、くれぐれも遅れないように注意しましょう。

    随時返済も可能

    月の半ばでお金に余裕がある時などは、積極的に随意時返済をしましょう。こちらはATMからいつでもカードを使って返済することができます。

    随時返済をすると、借りている元本を減らすことができるので、利息の負担を軽減することができます。早く完済したい人にはおすすめです。

    名古屋銀行カードローンの増額方法

    カードローンの利用残高が足りなくなってしまい、それでもお金をもっと借りたい場合には、名古屋銀行に増額の申し込みをすることができます。

    増額に成功すると限度額を増やすことができるので、それまでよりも多くの額を借りることができるようになります。

    増額の申し込みは名古屋銀行のフリーダイヤル(0120-758-336)に電話をしましょう。

    増額時にも審査を受ける必要がある

    増額は分かりやすく言うと「今よりもっとたくさん借りたい」という事です。銀行側にとっては貸し倒れのリスクがあるので、それを防ぐためにも厳正な審査を行わなければなりません。

    【増額審査で見られるポイント】
    ・名古屋銀行カードローンを一定期間以上使っているか
    ・名古屋銀行カードローンで返済遅れを起こしていないか
    ・他カードローンの利用額や件数が増えていないか
    ・申し込み時に比べて収入状況はどう変わっているか
    ・申し込み時から勤務先の状況はどう変わっているか

    状況が悪化している場合は要注意

    収入の状況が好転している場合は、増額審査には通りやすいと考えて良いでしょう。逆に、収入の状況が悪化している場合には、増額審査に落ちる可能性も高くなります。

    増額審査に落ちるということは、限度額が増えない場合だけでなく、逆に減らされる可能性もあります。増額審査とは「再審査」なので限度額の見直しも充分に考えられるのです。

    【まとめ】名古屋銀行カードローンについて

    名古屋銀行カードローンを契約しておけば、お金に困った時にいつでもコンビニや銀行のATMで用立てをすることができます。事故や病気や冠婚葬祭などで急な出費が必要になった時には、非常に便利です。

    しかし、カードローンサービスを利用するためには事前に審査を受けなければなりません。そして、お金を借りる場合には借り入れと返済の計画をきちんと立てる必要があります。

    ご自身のライフスタイルに合わせて上手に活用してみてください。

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込みでの契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。