横浜銀行カードローンの審査に通る条件とは?落ちる人の特徴を解説

    Document 001

    横浜銀行カードローンの審査について

    横浜銀行カードローンへの申し込みが完了すると審査が行われます。その審査で横浜銀行はお金の貸し付けをするかどうか判断するのです。

    申し込み者が月々どれくらいの返済ができるのかを見極めて、それに見合った金額の貸し付けをします。

    もしその審査で「お金を貸すことはできない」と判断されてしまうと、審査に落ちてしまうのです。そうなれば、横浜銀行カードローンを利用することはできません

    横浜銀行カードローンの審査基準とは?

    横浜銀行カードローンを利用するためには、審査に通過する必要があります。この審査に通るためには、「借りたお金をきちんと返済するだけの能力がある」と判断される必要があるのです。

    希望借り入れ額に満たない返済能力であると判断された場合は、借り入れ金額を減らされてしまうでしょう。また、それ以前に返済能力が全くないとみなされた場合は審査に落とされてしまいます。

    まずは、横浜銀行カードローンを利用するための基本的な条件は何か確かめてみましょう。

    審査基準1:基本的な条件を満たしている

    横浜銀行カードローンの審査に通過するためには、横浜銀行が取り決めた条件を満たしている必要があります。

    【利用条件】
    具体的に以下のように条件が記載されています。
    1.ご契約時満20歳以上69歳以下の方
    2.安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
    3.次の地域に居住またはお勤めの方
    神奈川県内全地域
    東京都内全地域
    群馬県内の以下の市
    前橋市、高崎市、桐生市
    4.保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
    5.横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱い同意される方

    出典: 『横浜銀行カードローン商品概要|横浜銀行』

    未成年や高齢の方は審査に落ちてしまいます。借り入れをしても返済するための判断能力、責任能力がないとみなされて審査落ちしてしまうのです。

    また横浜銀行が営業している区域に居住または勤務している必要があります。

    審査基準2:申し込み内容が正確である

    横浜銀行カードローンの審査に通過するためには、申し込みフォームへの入力を正確にする必要があります。

    横浜銀行に限った話ではありませんが、カードローンという金融商品は、個人と金融機関の信用で成り立っています。そのため、情報を正確に伝える必要があるのです。

    あまりにもミス記入が多かったり、裏付けの取れない情報が多かったりすると、最悪の場合は審査に落ちてしまうかもしれません。審査に通過するか不安でも、年収は勤務先を偽るといった行為も避けてください。

    審査基準3:信用情報に問題がない

    横浜銀行カードローンの審査に通過するためには、信用情報が傷ついていないことも重要です。

    信用情報とは、「個人のお金に関する取引情報」であり、専門の機関に登録されています。
    銀行カードローンの審査ではこの情報を確認して、返済の遅れといった記録が無いか確かめるのです。

    【主なトラブル】
    ●滞納
    ●強制解約
    ●複数申し込み
    ●債務整理

    過去に上記のようなトラブルを経験したのであれば、審査に落ちてしまうでしょう。

    横浜銀行カードローンの審査は甘い?

    審査に通過するか不安だと、審査が甘いのかどうかは気になりますよね。結論から言うと、横浜銀行カードローンの審査は甘いということはありません。

    そもそも横浜銀行カードローンに限らず、カードローンという商品は審査が行われています。返済ができなさそうだと判断した人は審査に落とすのです。

    つまり、審査に通過するかどうかは、金融機関の甘い・厳しいでなく、あなた自身の状況がどうかということになるのです。

    横浜銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴5つ

    横浜銀行カードローンに限らず、カードローンというのは、審査の甘い・厳しいではなく、申し込み者の返済能力が高いかどうかと言えます。

    では具体的にどのような人が審査に落ちてしまうのか。残念ながら横浜銀行はその基準を公開していません。

    しかし、これまでカードローンの審査に落ちた人の特徴から、一般的に審査に落ちる原因は以下の5つと言われています。

    落ちる人の特徴1:収入が安定していない

    横浜銀行カードローンの審査に通過するためには、収入が安定している必要があります。審査で「収入が安定していない」をみなされた場合には、審査に落ちてしまうでしょう。

    収入が安定しているかどうかを見極めるためには、申し込み者の勤務先情報が確かめられます。年収や勤続年数、会社規模や雇用形態などの情報から、その人の収入が安定しているかどうか確かめるのです。

    例えば、転職をしたばかりした人や年収が上下する人は「収入が安定していない」とみなされる可能性があり、その場合は審査に落ちてしまいます。

    落ちる人の特徴2:すでに他社から借り過ぎている

    すでに他の金融機関から借り入れがある人は、審査に落ちてしまう可能性があるでしょう。横浜銀行カードローンの審査では、他社からの借り入れ金額も確かめられます。

    借り入れ件数が多い方やすでに自身の年収に対して多くの借り入れをしている方は、審査に落ちてしまう可能性があります。

    具体的には年収3分の1程度の借り入れや4件程度の借り入れがある人は審査に落ちてしまうと一般的に言われているのです。

    落ちる人の特徴3:クレカ等の支払い状況が悪い

    横浜銀行カードローンの審査では、申し込み者の金融商品の利用状況も確認します。具体的には他のカードローンやクレジットカードの利用状況です。これらの情報は、信用情報機関という専門機関に保管されています。

    横浜銀行カードローンの審査では、信用情報機関にデータの照会を行います。この際に「返済遅延」といった問題となるデータがあれば、審査に落ちてしまう可能性があるでしょう。

    過去に返済遅延を起こした人は、「返済に対する姿勢が悪い」とみなされ、お金を貸すのはリスクがあると判断されるためです。

    落ちる人の特徴4:多重申込をしている

    短期間に複数のカードローンやクレジットカードのキャッシングへ申し込みをしている人は審査に落ちてしまう可能性があります。カードローンの審査では、申し込み者が他にどんなところへ申し込みをしたか確認するのです。

    短期間に複数の借り入れをしようとしている人は、「極度のお金に困っている人」とみなされてしまう可能性があります。そうなると、多重債務者になる恐れがあるとして、審査に落とされてしまうのです。

    具体的には、1ヶ月の間に4件に申し込みをすると審査落ちすると言われています。この状態は「申し込みブラック」と呼ばれ、一度この状態になると6ヶ月待たないと回復しません。

    落ちる人の特徴5:破産歴がある

    過去に破産歴がある人は審査に落ちてしまうでしょう。横浜銀行カードローンは、申し込み者が過去に行ったお金の取引状況を確認します。

    その際に、破産をしたという記録があると、「貸し付けをするのにリスクがある人物」とみなされ、審査に落とされてしまうのです。

    ・自己破産
    ・任意整理
    ・特定調停
    ・民事再生

    上記の手続きは「債務整理」と言い、なんらかの借り入れで返済不能になった人が行うものです。一度この債務整理をしてしまうと最短でも5年~10年は金融機関のローンやクレジットカードを利用できなくなります。

    横浜銀行カードローンの審査は仮審査・本審査に分かれている

    横浜銀行カードローンの審査は2つの行程に分かれています。それは「仮審査」と「本審査」です。申し込みが完了すると仮審査が行われ、その後、本審査が行われます。

    仮審査に通ったとしても本審査で通過できないのであれば、横浜銀行カードローンを利用することができません。まずは、それぞれの行程で何が行われているのかポイントを確認しましょう。

    仮審査:返済能力の確認

    申し込みが完了すると行われる「仮審査」。この仮審査で行われることは返済能力の確認です。

    カードローンで貸したお金が返済されないと、横浜銀行は損を被る可能性があります。そのため、審査であらかじめ申し込み者の返済能力を確かめるのです。

    申し込みフォームの情報が確認される

    横浜銀行カードローンの仮審査では、申し込み者が申告した情報をもとに審査が行われます。具体的には、申し込み者の収入状況、勤務先情報等からその人の返済能力を見極めるのです。

    ●本人情報
    氏名/生年月日/性別/運転免許書番号/Eメールアドレス
    ●年金情報(年金受給者のみ)
    年収情報/健康保険証の種類
    ●ご家族情報
    家族形態
    ●ご自宅情報
    住所/居住形態/家賃(住宅ローン月返済額)/電話番号
    ●勤務先情報
    勤務先会社名/勤務先住所/勤務先電話番号/所属課/雇用形態/年収/給料日/業種/社員数/健康保険証の種類
    ●その他情報
    他社借り入れ情報/ご希望のご利用限度額/ご利用目的

    上記が横浜銀行カードローンの申し込みフォームで申告する情報です。この入力した情報をもとにあなたの返済能力が見極められるのです。

    保証会社によるスコアリング審査が行われる

    横浜銀行カードローンの仮審査は、主にSMBCコンシューマファイナンスが行います。SMBCコンシューマファイナンスがスコアリング審査を用いて、あなたの返済能力を見極めるのです。

    スコアリング審査とはコンピューターによる自動審査のことを指します。申し込み情報に対して点数をつけます。その点数の結果を、これまでのカードローン利用者のデータと照らし合わせ、貸し付けるかどうか判断をするのです。

    コンピューターによる自動審査のため、基準に満たない場合は、すぐに足切りされてしまうでしょう。
    SMBCコンシューマファイナンスは、横浜銀行カードローンの保証会社となります。この仮審査で保証を得られないと、横浜銀行カードローンの利用はできません。

    信用情報が確認される

    横浜銀行カードローンの仮審査では、信用情報の確認を行います。信用情報機関に照会をして、あなたが過去にクレジットカードや他のローンの返済に遅れていないか確かめるのです。
    この際に返済遅延をしたという記録があると審査に落ちてしまうでしょう。

    保証会社であるSMBCコンシューマファイナンスは、「株式会社日本信用情報機構」「株式会社シー・アイ・シー」に。横浜銀行は「全国銀行協会」「株式会社日本信用情報機構」に問い合わせをします。

    本審査:借入意志などの確認

    横浜銀行カードローンの本審査は主に借り入れ意志の確認です。そのため、横浜銀行カードローンの審査は、主に保証会社が行う仮審査が大きな割合を占めていると言えるでしょう。

    しかし仮審査に通過したからといって、本審査に通過するとは限りません。借り入れ意志の確認以外にも確かめる項目があります。そこで「貸し付けできない」という判断が下れば、カードローンを利用することはできないのです。

    横浜銀行による借り入れ意志の確認

    申し込みが完了すると、横浜銀行から申し込み者へ確認の電話が行きます。この電話で申し込みをしたかどうか、また本当に借り入れをするかどうかが聞かれるでしょう。

    場合によっては、この確認の電話の際にいくつか質問がされます。収入や勤務先に関する情報を聞かれたら素直に答えましょう。入力された情報と整合性が取れないと判断された場合は、審査に落ちてしまう可能性もあります。

    在籍確認(会社への電話連絡)

    審査の終盤になると、在籍確認が行われます。在籍確認とは、申し込み者が申告した会社で働いているのか、事実を確かめる行程です。横浜銀行は申し込み者の勤務先に電話をかけて確認をします。

    在籍確認は申し込み者の名前を確認できれば完了です。つまり、あなたが電話に対応しなくても、同僚が「〇〇(あなたの名前)は離席中です」と伝えるだけでも在籍確認は完了します。

    銀行カードローンの在籍確認では、銀行は会社名を名乗るが、「電話の内容」は伏せると一般的には言われています。横浜銀行の営業区域に住んでいる方であれば、それほど違和感はないでしょう。

    警察庁のデータベース照会

    横浜銀行カードローンの審査では、申し込み者の情報を警察庁のデータベースと照らし合わせて確認する行程があります。

    カードローンで借りたお金が犯罪に使われるのを防止するために、あらかじめ申し込み者が反社会勢力に関わりがないか確かめるのです。

    なおプライバシー保護の観点から、警察庁が回答するのは組員かどうかの情報に限定されます。

    参考:『全銀協:銀行が暴力団データ照会可能に 個人向け融資 - 毎日新聞』

    横浜銀行カードローン 審査期間

    横浜銀行カードローンの審査期間は早くて2営業日です。審査結果の通知が早くて申し込みをした翌日と公式ページに記載があります

    消費者金融といった他のカードローンが「即日審査」と言われている中、横浜銀行カードローンが2営業日かかるのは、審査の仕組みに違いがあるからです。

    横浜銀行と保証会社であるSMBCコンシューマファイナンスの2機関で審査と行うことや、警察庁のデータベースに問い合わせる行程があるため時間がかかります。

     横浜銀行カードローンの審査結果は電話で来る

    横浜銀行カードローンの審査が完了すると、その審査結果は電話にて知らされます。申し込みフォームに記載した自身の電話番号に来るので、対応できるようにしておきましょう。

    通知の電話は申し込みをした翌日以降に来るとされています。しかし受付時間や審査の状況によっては、遅れる可能性があることを覚えておきましょう。

    なお、この審査結果の通知に出られないと行程が進みません。電話に出ないと借り入れまでの日数がかかってしまうでしょう。万が一、連絡を逃してしまった場合は、こちらから折り返しましょう。

    横浜銀行カードローンの審査は土日を挟むと伸びる

    横浜銀行カードローンの審査回答は、最短翌日と記載されています。しかし、土日祝日を挟む場合は、審査が伸びてしまします。

    横浜銀行カードローンには、「横浜銀行カードローン受付センター(0120-458-014)」という専用のダイヤルがあります。このダイヤルは平日午前9時~午後8時、土日祝日午前9時~午後5時(12/31~1/3は休業)と土日も対応してくれます。

    しかし、このダイヤルは仮審査の申し込みをするだけのダイヤルであり、本審査のまで行うとは限らないのです。土日祝日は銀行も営業日ではないため、審査の対応は翌営業日に回されてしまいます。

    まとめ

    横浜銀行カードローンは金利も低くて使いやすいカードローンと言えるでしょう。しかし、利用するためには横浜銀行カードローンの審査に通過する必要があります。

    この審査で見られるのが申し込み者の「返済能力」です。申し込み者の返済能力を超えた貸し付けをしてしまうと、その人は返済できなくなる恐れもあります。

    このようなリスクを回避するために、横浜銀行は予め審査をするのです。単にその人の収入を確認するだけでなく、過去の利用したローン、クレジットカードの履歴も確かめられます。

    返済能力を見極めるためのいくつかの項目が終われば、審査は完了です。横浜銀行カードローンの場合は申し込みから最短翌日で審査回答とあります。横浜銀行の電話に出られない場合は、借り入れまでの日数が伸びてしまうため注意しましょう。

    【関連記事】
    『横浜銀行カードローンのサービス内容と申し込みから審査までを解説』

    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

    • アコム 安定した収入があればパート・バイトOK
    • アコム 20際以上で安定した収入がある方であればご利用可能
    • アコム 金利0円サービスは、初回お申し込み且つ返済期日「35日ごと」での契約が利用条件です。
    • アコム 金利0円適用期間中の返済金額は、全額元金の返済に充当します。ただし、ATM利用や振込での手数料が生じた場合、「手数料⇨元金」の順に充当します。
    • アコム アコムが不適切と判断した場合、金利0円サービスが適用されない可能性があります。
    • アイフル 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • アイフル 申し込みの時間帯によっては、希望の時間帯に融資を得られない可能性があります。
    • アイフル 主婦・フリーターといった方は、安定収入がある方のみが対象となります。
    • アイフル 申込日当日の融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に来店できることが条件です。
    • アイフル 利用可能なコンビニATMは、E-netもしくはイオン銀行ATMに限られます。
    • プロミス 無利息サービスご利用にはメアド登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス 利用限度額が50万円超、且つ他社を含めた借入総額100万円長の場合収入証明必要
    • プロミス 安定した収入があればパート・バイトOK
    • プロミス 無利息期間中に、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。
    • プロミス 運転免許証を提出できない方は、パスポートもしくは健康保険証+「1点(例:住民票等)」を用意してください。
    • プロミス 外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書をあわせて提出してください。
    • プロミス 無利息期間中であっても、返済に遅延した場合やその他の事情により、サービスの提供を停止する可能性があります。
    • プロミス 店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認ください。